乳がんホームページ

乳がん掲示板過去ログ キーワード:乳癌 ブログ


- AD -
53 件の投稿がみつかりました。 [1-10] を表示

[37729] はじめまして 投稿者:tamama 投稿日:2015/04/15(Wed) 22:50

管理人のHANAさん、皆さんこんばんは。
私は2003年に26歳で手術し、今年で12年になります。
告知された後、HANAさんのホームページを繰り返し読み、心の支えにしていました。
書き込みするのは初めてです。
術後、ネットで病気について検索するのを意図的に止めていました。
なぜなら、病気について考える時間を減らしたかったから。
自分の気持ちは日記に吐き出していました。
当時はまだブログなどはなく、得られる情報もものすごく限られていました。
再度ネットで乳癌について調べるようになったのは、
術後10年の検査を控えて急に不安になったからです。
そこで、自分の癌がトリプルネガティブだということを
初めて知りました。そんな言葉当時は無かったです。

ところで皆さんは、羊毛とおはなという音楽グループをご存知ですか?
ボーカルの千葉はなさんという女性が36歳の若さでお亡くなりになりました。乳癌で。それを今日知ったんです。
なぜ、自分より後で発病した自分より若くて才能のある人が亡くならなくてはいけないのか、改めて乳癌が憎いと感じました。
いろいろと書きたいことは沢山あるのですが、前から書き込む勇気が無かったのですが、はなさんのご冥福をお祈りしたくて、書き込んでみました。






[37548] 落ち込んでいます 投稿者:wao 投稿日:2014/08/30(Sat) 19:32

HANAさん、みなさんこんにちは。長文すいません。

私は去年の末に乳癌で全摘しました。
20年以上、毎日のように あるスポーツに打ち込んできました。リンパはセンチネルのみだったので、直ぐに復帰出来ると思ってました。
でも病理結果はher2、今はハーセプチンのみ折り返し地点です。

ふと気づくと、友達の9割がこのスポーツ関係で、出来なくなった私にどう接したらいいのか、戸惑う気持ちはわかります。
LINEのグループも新しいのを作って私に見せないようになってました。
去年まで当たり前のように参加していた合宿とかの話は、ランチに誘ってもらった時に聞かされ、(誘われても行けないから当たり前なんだけど) 悲しくて、寂しくて。

以前 うどんこさんや悩み人さんの書き込みを見た時も、本当に強い方達だと思ってました。ブログを読んでても、皆さんある一定の時期を乗り越えられたら前向きになれる、ならざるを得ないのか。

幸い家族は優しくしてくれます。友達の中にも今回の事で、本当に私を心配してくれてる人と、去ってしまった人がわかりました。

言っても1年経ってないので、皆さんが通って来た道なんでしょうけど、あまりに怠い毎日と、以前の自分を比較しては 負け組のような情けなさから まだ抜け出せそうにありません。

ただの愚痴で板汚し申し訳ありませんでした。




[37039] やり残したこととは 投稿者:リセット 投稿日:2013/08/04(Sun) 08:54

皆さま、来週7日入院8日手術のリセットです。
おはようございます。
皆さまにどうしてもお聞きしたいことがあります。

わたしは来週には乳癌になって手術や治療が始まりますが
これから先、私は何が出来なくなるのでしょう?
たくさんの方の過去ログやブログを拝見していますが
いったい何が出来なくなるのかわかりません
なんでも出来るように思います。
今日は休みですがなにか人生最後の経験をしとけばいい
ことが、残っているなら明日も明後日も会社を休んでやってきます。

みなさま、教えてくださいm(__)m





[37031] Re:[37030] お気持ちよくわかります 投稿者:リセット 投稿日:2013/07/25(Thu) 22:47

なおぴょんさん、こんばんは
パワーとお祈りよろしくお願いします。ありがとうございます

私もスマホ検索し過ぎて、すぐに電池が切れます(笑)。

乳癌認定看護婦さんのことは知りませんでした。聞いてみます。腫瘍精神科医にも会いたいですが、私の病院にはいらっしゃいません。

主治医からは温存の範囲はかなり少ないと聞いて
全摘選択しました。
たぶん、一刻も早く乳癌からなるべく遠くに逃れたい一心です。
夫からは同時再建も勧められましたが、やはり心が拒否します。

いつか、全摘を後悔したときは自分に言ってやりたい言葉があります。
よかったね〜♪ 後悔できるくらい元気になったね〜♪
よし、おっぱい創るぞ〜って言ってやりたいです。

実はなおぴょんさんのブログにも告知翌日から伺ってました。
みなさんの生き方に背中押して戴いてます。




[36839] 検査終了 投稿者:マーチ@神奈川 投稿日:2013/02/06(Wed) 17:53

やっとすべての検査が終了しました。(結果はまだ聞いていません)
どうやら温存は無理のようです。小さい病変もいくつか見つかり術前化学療法しても意味がないようです。
本当に本当に悲しいですが、全摘を受け入れるしかないですね。
手術は急ぐ必要がないという事で3月に入ってからにしました。
息子の期末テストが心配で(←そんな事心配している場合じゃないのに)
あと1か月元気な時間があるので、毎週末飲み会です。
それから海外旅行にも行くことにしました。
ゴルフとスキューバしてきます。
もうなんだか破れかぶれ?な感じですが、何の予定もないと一日中乳癌ブログを読み漁ってしまうような毎日なので・・・。
ウイッグの事や術後の下着の事などを調べています。
再建の事も考え始めています。
ポーさんのご紹介のブログも見てきました。
ホルモン治療、私も怖いです。ぶるうすさんより4歳も年上で閉経してもおかしくない年齢なのにやっぱり怖いんですよね。
私もホルモン陽性です。5年間って長いよな〜って思います。

あんさん、気にかけて頂いてありがとうございます。
乳がんは本当に治療が人それぞれなので複雑ですね・・・。






[36510] 五里霧中 投稿者:アルストロメリア 投稿日:2012/05/07(Mon) 15:50

HANAさん、みなさん、はじめまして。アルストロメリアと申します。


乳癌と診断されてから、暇さえあればネットサーフィンをし、こちらを知り相談させてもらいたいと思いながらも、書き込みをする勇気がない毎日でした。
今、私はどうするべきなのかが分からず、誰かに話を聞いてもらいたくて思い切って書き込みさせてもらいました。

4年前の市民検診で要精密検査となり、病院に行きましたが経過観察とうことで、一年毎に検査に通っていました。
今年の1月の検診で、左乳房にしこりが見つかりMRIののち針生検を受けステージ?の浸潤性乳管癌と診断され、
3月末に温存手術を受け、病理診断の結果、浸潤性小葉癌だったことがわかり、切断面3か所に非浸潤性小葉癌があるということで再手術を勧められるのと同時に、セカンドオピニオンに行って来てくださいと言われ、今はガンセンターでのセカンドオピニオン待ちをしている状態です。

主治医の先生が手術を勧めるならと手術をする気にはなっていますが、温存手術だと再び切断面が陽性になる可能性もあると言われ、全摘をすると決断することができず悶々とした日々を送っています。
多発性がある癌ということなので、きっと全摘が最良の方法なのかと思いますが、再建について前向きに考えることもできずにいます。

手術についても悩みがつきないのですが、その後の治療についても複雑な思いでいます。
ここにきているみなさんは、辛い治療を行っている方々なので、不快な思いをさせてしまうかもしれませんが
今の私の悩みは、治療を行うことの意義が分からず治療を受ける覚悟ができていないことです。
みなさんが経験された通り、私は今術後の後遺症があるものの元気です。
それなのに、再発・転移が起こるかどうかわからないのに辛い副作用に耐えて長い期間治療を受けることが納得できないでいます。
勿論、無治療で再発・転移したら治療を受けなかったことを後悔するでしょう。
治療を受けても再発・転移したら絶望を感じるでしょう。
治療を受けて副作用が強く出たら、なんでこんなにつらい思いをしなければならないのかと泣けてくるでしょう。

私の母は、10年近く癌を見つけてもらえず心停止して緊急入院し、再度の心停止でICUに入り、さまざまな検査の末ようやく病名が付き末期癌だと診断され、その後2か月半で他界しました。
母はずっと、病院に行っても悪いところはどこもないと言って帰されてしまうことに泣いていました。
でも、入院治療を行わなかったから自由に生活が出来ていました。
その癌は、発病から10年もてば良い方だと医学書にあったので、抗がん剤で苦しむことなく10年を過ごした母は、ある意味幸運だったのかもしれません。
母は、ガンセンターに勤めていたので、医療関係者に体調の相談を幾度となくしており、ガンセンターでも診察を何度もしてもらっています。
他の病院にも何度も受診していました。
しかし、治療が行われることは一度もありませんでした。
最後は、医療の力で多少の延命を行いましたが、治療を受けることなく寿命をまっとうした母を思うと、私が今後受ける治療は本当に必要なのだろうかと思うのです。
母は60歳で逝きました。私は今45歳です。
母が逝ってから、私も60まで生きられれば充分と考えるようになりました。

沢山の方々のブログを読んでいると、子供が成人するまでは生きていたいから、治療を頑張るとあります。
私の末子は高校三年生。無治療でもあと3年は軽く生きられそうな気がします。
せめてあと5年は生きて、社会人になった姿を見たいと思うけど、ステージ?ならそれも無治療でも叶いそうな気がします。
それならば、無治療を選択すれば良いと言われそうですが
それを選ぶ勇気はなく、どう前に進めばいいのか困惑しています。

長文になり申し訳ありません。
また、私の考えに不快な思いをされた方もいらっしゃると思います。申し訳ありません。
読んでくださってありがとうございました。
何かご助言頂ければ幸いです。


HANAさんへ
新しい検索機能で、浸潤性小葉癌の方の投稿を読むことが出来ました。
ネット検索しても症例が少ないので、とてもありがたかったです。
ありがとうございました。




[36116] 今晩は 投稿者: 投稿日:2011/11/16(Wed) 01:03

掲示板の皆様今晩は

#パピヨンさん
如何しておいででしょうか。検査はそのものも嫌ですが、待つことも嫌ですね。私は(内緒ですが)「待っている」時には凶暴になったりします\(~o~)/

#ころんさん
厳しい状態に耐えていらっしゃいますね。辛い時に無理して前向きにならないでと言ってもお母さんは仕方ないかしら・・・。
できれば無理した前向きじゃなくて自分を前向きに甘やかしてストレスを発散してください(^^ヾ
最終的な結果はまだでしょうが、もしかしたら「ゾメタ(骨を守ってくれる薬だよ)仲間にようこそ」かしら?私は血液検査の数値的には骨転移の兆候があるのですが、画像に出ないんです。主治医に言わせると原因不明な数値の高さだそうです。でも、治療をしないとまずい立派な数値なので、ゾメタをしています。しっかり押さえてくれています。でも、ちょっとあっちが痛い、こっちが痛いというとすぐ「検査〜」となります。ヤデスネ。
もしゾメタを使うことになったら、初回副作用だけは辛いですからね〜、と脅かさせてくださいね。
それから転移しても治療方法は今は色々とありますよ。そして技術も思想も進んでいますよ。乳癌に関わる医学はすごいですよ。と、ここは転移の先輩風を吹かさせてください(^。^)

ステージ4の生存率ですが、あれはなんでもかんでもを混ぜた数字ですから。転移の場所も、それから適応する治療も。
くぐり抜けましょ。

#悠沙さん HER2マイナスさん
私は5年前からホルモン療法を始めたので、その時の医療の思想で薬を使ってきました。最初はゾラデックスの注射とタスオミン(ノルバデックスのジェネリック)今はリュープリンとアリミデックスです。
ホルモン療法をしていらっしゃる方のブログなどをネットで拝見すると必ずしも注射と服薬はセットでもなく、服薬だけの方、注射だけの方もいらっしゃいます。
それこそ、本人と医師とのコミュニケーションの中で判断されるのだと思います。
私は、ちょっとしたタイミングで薬を変えたものの、副作用が強ければ前のタスオミンに戻してもいいという提案を一月後に受けたりもしています。今思えばですが、あのタイミングが必ずしも前の薬のリミットであったのかというと、今のアリミデックスでの一進一退を見ていると、待てたのではないかと思うこともあります。これも今思えばですが、私の体にはタスオミンの方がずっと副作用は楽でしたので。でも変えたので「変えなかったら」は分かりませんし幸いアリミデックスで本当に一進一退をしながら副作用にぶ〜たれながら元気にやれています。これもまた良しと思っています。

#たまさんがおっしゃるように、私も仕事をすることで精神的に助けられたと思っています。特に転移組みは一生治療費がかかるということもあり、文字通りQOLを支えてくれています。

>まずは乳がんになる前の自分にもどりたかったから。。

この「まずは」で始まるの良いですね。そう、前の自分を否定する必要ないですもんね。

乳癌になったということは私の属性が一つ増えたということで、荷物が増えたなぁ・・・と言う感じでしょうか。私は。


あ〜、夜更かしをしすぎました。明日も仕事です。仕事の為に寝なきゃ(ーー;)。おやすみなさい。




http://blogs.yahoo.co.jp/yukari_aoyama_2009




[36064] こんばんは 投稿者:なおぴょん 投稿日:2011/10/31(Mon) 20:21

お久しぶりです。
術後2年4ヶ月経ちました。乳癌と告知され
ネット中毒のようになり
こちらの ホームページで色々な不安や手術前にも励ましていただきました。私が投稿していた頃は「元気ママさん」と同じ頃で 最近 お名前を見つけ嬉しくなりました。
HANAさんが仰ったように、いつのまにか 少しずつこのホームページを見る事も無くなっていました。本当に今 こうして いるのが当時は想像がつきませんでした。でやっと、客観的に見れるようになりつつあります。
ブログを初めて 残しています。今月はpinkribbon月間でしたので 投稿しました。また 訪問しますね。当時 小6の息子は反抗期の中2になりました。明日は定期検診に行ってきます。仕事も もちろん頑張ってます。皆さん、独りぼっちでは ありません。




[35937] おはようございます 投稿者:ミッシェル 投稿日:2011/09/19(Mon) 15:15

HANAさん、お隣のチイブマさん、おはようございます。
私も告知まで一年あまり、石灰化のグレーゾーンでした。
ずっともやもやしていて(自分より家族がずーっと)エコーを何回したか、判定がつかず、MRI、RI検査、マンモトーム生検で癌と診断されました。1年かかりました〜。グレーってのはストレスになりますよね


☆てん・てん☆さん、私も同じ石灰化、同じように私の知り合いの方も診断経過中で、形が悪そうなので、心配って言ってました。なんて多くの人たちにあるんだろう。
良性か悪性か診断されるまで気が気ではありませんね。
良い方向でありますように・・・
もし、悪性のものであっても、大丈夫!ここには同じ悩みを抱いて乗り越えた方が沢山おられます。私もここにきて
言いたいこと沢山しゃべってます。自分の話ばっかで 恐縮してますが、愚痴ってます、楽しんでます!

蒔絵リコさん、ブログ見て楽しませてもらってまーす!
私も、ブログやってます。でもリコさんのように
素敵で楽しい物じゃござぁせん。乳癌とはあまり関係ないことばかり書いて、言わば小学生の日記のようです。

そのうちに、ここに貼っちゃおうかな・・・


運動会も終わり、(炎天下でのビデオ撮りで、季節外れの日焼け、凄く焼けちゃいました〜〜〜〜夏も気を付けてたのに、今焼けてどうするの?って感じ)
  約10人でのお弁当タイム!すざまじかったです!

今日も暑いですね!気を付けてお過ごしくださいね!

みんなにお声掛けできずにすみません。


                     




[35676] また暑くなりそうですね 投稿者:めろん 投稿日:2011/07/24(Sun) 09:10

HANAさん、お隣のなおべえさん、皆さんおはようございます。
暑さに慣れてきたところでの急な涼しさ、あわててお布団ひっぱりだしたのもつかの間、また今朝からはじりじりと暑くなってきているようです。皆さん体調をくずされませんように。

自己紹介は?35662「お久しぶりです」を読んで頂くとして(無精者です)、いぬきちさん、郷子さん、あんさん、なおべえさん、ミッシェルさんなどが書いておられる全摘・温存と命の優先についてちょこっとだけ。

全摘でも温存でも生存率には差がありません。なのでどちらでも可能な場合にどちらを選択するかは命を優先するということではなくて、それぞれのライフスタイル、家庭状況などにあった選択を、ということになります。
うちの主治医は同時再建は基本的に勧めません。1年たって落ち着いたら作ってもらえ、と言われました。なので1年まって速攻で形成に紹介してもらいましたが(笑)その間はいろいろなことを調べることができました。
私の場合はもともと同時再建への禁忌事項にあてはまっていたのであまり考える必要はなかったのですが、病院によって勧め方はいろいろだと思います。
同時といってもエキスパンダーを入れるまでのところもたくさんあります。その後は自家組織でもインプラントでも患者次第という形になりますが。そこでまた悩みも生じますよね。
同時再建を売りにしているところもあります。どうしても、という気持ちで同時再建ができる病院を探した友もいます。

選択肢があることによってかえって迷うこともありますが、それだけ今の治療が進歩し、形成の技術も進歩していることの恩恵を受けられるというのはありがたいことだと思うのです。
今の治療だってたくさんの患者さん、医療関係者の努力によって培われたもの。薬一つとっても以前には使えなかったものが開発され、治験に多くの人が協力し、今は当たり前に使えるようになっています。

焦らず(といっても突然の告知と選択を迫られる場合も多いのですが)自分にあった選択(病理結果、経済状況、家庭状況、今後の治療などなど)ができることが大事。
あくまでも自分の選択ですし自分の人生。みんなが胸を張って進んでいけたらいいなと思います。

全摘だから放射線治療が必ずないわけではないし、再発しないわけではありません。乳がんの場合はタンポポの種が吹き飛んだように身体のどこかにがん細胞が運ばれている可能性がある全身病であるからです。
温存でも変形は人によって違います。全摘の喪失感もそうですがこの変形により気持ちも凹んでしまう人も多いです。もちろん人によって感じ方は様々です。
全摘には再建する選択肢もありますが再建しないという選択肢もあります。
どんな形にせよ納得させられて進むのではなく、自分で納得して進めばその先の未来も必ず開けると信じています。もしも最初納得できてなかったにしても、きちんと今の自分の状況を受け入れて治療に進んでいければそこから新しい道が開けると思います。

そして何よりここにたどり着いた仲間は一人じゃないです。
いろいろなことがこの先におこっても、ここで愚痴を書いたり相談したり、また仲間を励ましたりしていくことでどんどん強くなっていきます。しっかりと歩んでいくことができます。

これから先の人生。まだまだ頑張れる。そう信じて今日も深呼吸してるめろんでした。

あっ、先日造影CTでお腹と胸の写真をとってもらいました。結果が出た頃に形成受診して今後どうしたいか考えようと思います。
9/2〜9/4の乳癌学会総会のプログラム抄録を頼んでいたのですが先日届きました。主治医の発表を見つけ密かに喜んでいる主治医大好き患者です(笑)お世話になってる看護師さんも発表があります。主治医がらみはなんと10件。忙しいわけだわ。。。

暑くなりそうです。どうぞ皆様ご自愛ください。



- AD -