乳がんホームページ

乳がん掲示板過去ログ キーワード:乳癌 疑い


- AD -



132 件の投稿がみつかりました。 [1-10] を表示

[37516] ありがとうございます。 投稿者:ちーたん 投稿日:2014/07/03(Thu) 01:49

よっしーさん
コロンさん

貴重なご意見、ありがとうございます。

遺伝性の疑いについてはこちらに当てはまるようです↓
http://www.hboc.info/

遺伝子検査を受ける事になれば、また手術日が遠くなり、進行してしまうのではないか、と不安になりますが、やはり知りたいので、受けてみる方向で明日お医者様に相談して残すか否か考えてみようと思います。

お二人とも大変な中、私の事を気にかけてくださり、本当にありがとうございます。
乳がんについて、もっと勉強していきます。
また情報交換させて頂けたらと思います。




[36748] 乳がん検診後の針生検・MRIとは 投稿者:そら 投稿日:2012/10/27(Sat) 22:28

30代主婦です。

痛みのないしこりを最近みつけました、また以前から痛みのある硬い部分、数年前からのわきの痛みがあります。

個人病院でエコー後多分乳腺症といわれ一応とのことで、総合病院を紹介されました。

その際に、針生検をし、数日後にMRIの予約をされました。

担当医は触診とエコーマンモのあと、詳しく調べときましょう。とだけ言い、大丈夫とも悪いともいわれず検査に入りました。


これって悪性の疑いをかけられてるってっことでしょうか・・・

MRIって乳がん確定後の検査と本で見ましたが・・・
ネットなどの情報は調べてあります。色々ありました。

ご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください。

それと、針生検技師が多分大丈夫ですよと言ったのですが、その人は組織を採っただけなのに何か目にみてわかるものでしょうか?




[36545] はじめまして 投稿者:びい@わん 投稿日:2012/06/01(Fri) 11:06


一昨日、乳がんの告知を受けたばかりの、びい@わんと申します。
皆さまのあたたかい輪の中に、ぜひ入れていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2か月ほど前の乳がん検診から、再検査、精密検査と続き、不安定な気持ちの日々を過ごしました。
病気の事を考えると体ががくがく震えたり、夜中に眠れず恐怖の淵にいる様な気がしたり・・・ 食欲がない時には2〜3キロ体重が減りました。

さすがに体が持たないと思い、1週間前に精神安定剤を処方してもらい、少し落ち着きました。

エコー検査の時に、リンパ節転移の疑いを指摘されていたので、診断までの間、乳がんであることを覚悟しなくてはいけないのが苦しかったです。

告知の瞬間は、(一人で診察室に入ったので)診断がついてしまったという逃げ場のない感覚と、
(説明は夫も呼ばれたので)主治医の先生に守られた空間にいる安堵感もあり、落ち着いて話を聞けました。

約2週間後に手術の予定が決まったので、術前検査や、入院前の準備に追われそうです。
今はやっと前に進む道ができて、1歩だけ進めた感じです。

手術前に抗がん剤の投与をした方がよいのか、骨シンチ検査をしなくてよいのか、リンパ節転移の不安など、心配事は尽きません。
誰でも通る道なのでしょうか。
主治医の先生を信頼して色々と教えてもらいながら、前向きに進めたらと思います。

どうしても気持ちの浮き沈みが激しいのですが、この文章を書くことで少し気持ちが整理されていくのが分かります。

これから皆さまに、相談に乗っていただいたり、ご意見をいただけたら本当にありがたいです。

初めての投稿で、まとまりのない文章で失礼いたしました。





[36433] 皆さんこんばんわ 投稿者:天使の贈りもの 投稿日:2012/03/11(Sun) 18:36

来月妻は検査です。私の妻は乳がんの他子宮がんの疑いがある、擬陽性であり、三ヶ月に一度の検査が必要なのです。この間は、膝に水が溜まりその水を抜きにいきました。何かと大変です。か弱い妻に降りかかるのではなく、この私に来ればいいのにと思います。皆さん今日の命に感謝して、頑張りましょう




[36429] 無題 投稿者:ちび1969 投稿日:2012/03/09(Fri) 14:01

HANAさん、めろんさん、皆さんこんにちは。

昨日、細胞診の結果がでました。
思いもよらず、良性でしたとの結果をもらいました。
前回の先生の話では、MRIの画像などにより、ほぼ乳がんだという説明を受け、昨日は今後の治療方針や進行具合等を教えていただける。 という事で行ったのに・・・

今回、この結果を受け皆さんにお伝えしようかどうか、悩みました。
この内容を書き込む事で、不快に思う方もいるのではと・・・

ただ実際私に疑いがあると言われてから、ずっとこのページを
見ていたし、書き込みしたら返事もいただけて、勇気をいっぱい
もらい助けられました。ほんとにありがとうございます。
 
今回の事で、この病気のこと家族のこと色々考えるきっかけに
なりました。 皆さんに出会えたことも何かの縁だと思ってます。 これをきっかけにもっと協力出来る事がないか、とも思
ってます。
 
HANAさん MIN・Kさん なっちっこさん 他の皆さんも本当にありがとうございました。
皆さん、お体に気をつけてくださいね!
これからもよろしくお願いします。

追伸 なっちっこさん、私もおなじ関東人です。
   まだまだ寒いし、今日は雨も降ってるので風邪などひかな   いようにしてくださいね
   では、また書き込みさせていただきます。
   
    





 

 


 




[36424] こんばんは 投稿者:moco 投稿日:2012/03/06(Tue) 00:37

お隣のマイクママさん、皆さんこんばんは。

何だかちょっとの間にご無沙汰のうちに、はじめましての方が増えていて、びっくりしてしまいました。
私は、その番組を観ていないのでよくわからないのですが、どうやらおっぱいについて取り上げた番組がきっかけで、発見された方も多いようですね。

お隣のマイクママさんも整形外科で大学病院の紹介所を出してもらい今度受信することになったようですね。
他にも受診を考えている方がいるようですが、何もなければいいのですが、もしこれが乳がんだったら早期発見出来る方が断然にいいです。
是非、早めに受けてくださいね。


あ、急ですがはじめての方が多いから、自己紹介させていただきますね。

昨年2月に乳がんの告知を受けました。
告知を受けたときには既に7センチ近くのしこりがありました。
その為、術前抗がん剤治療TC3回→FEC3回、8月に手術、8月末からタスオミン服用開始、9月から放射線治療全20回照射、9月末からリュープリンの注射を3ヶ月に1回開始。
現在は、3ヶ月に1度リュープリン注射とタスオミンを毎日服用、3ヶ月に1度の放射線科と乳腺の診察がある程度です。
がん告知を受けたときは、33歳、今は34歳です。
子供は、10歳の長男、4歳の長女、1歳5月の次女の3人です。
因みに次女が生まれて2ヶ月後の授乳中にしこりを見つけ、初めは乳腺炎だと思っていましたが、なかなかマッサージを受けても改善されず、乳腺外科に受信したところ乳がん疑いがあると言われ、がん専門の病院を紹介してもらい今に至っています。
闘病中のことなど詳しいことは、ブログに書いてあります。


☆korhrmさんが、リンパ郭清についても書いてあったので、私の体験です。
私の今のステージは?aです。
私の主治医は、はじめの時はステージを言いませんでした。
術前抗がん剤をすることに決まっていたのと、術後の病理結果で確定する予定だった為のようです。
多分、始めに言われていたら私も?aか?bだったと思います。
私も術前抗がん剤がもの凄く効いてくれたので、最初全摘と言われていた手術も温存になりました。
リンパについて初めは説明ありませんでしたが、手術前の説明の時に、センチネルリンパ節生検をしましょうということになりました。
結果、センチネルでの結果は、リンパ転移が無かったのでリンパ郭清はしませんでした。
でも、センチネルでリンパ周辺を少しいじっているので、結局色々と生活する面で気を付けなくてはいけないことも増えています。
ただ、郭清した方よりかは、断然に生活は不自由では無いと思います。
korhrmさんは、どうしてリンパ郭清をしたくないのでしょうか?
生活する面で不便が生じるからでしょうか?
でしたらセンチネルリンパ節生検もおすすめできないかもしれません。
でも、私は、センチネル受けてよかったと思っています。
リンパに転移がなかったことを知れただけでも嬉しかったですし、もしリンパに転移があったとしても、その後の治療方針が今と変わっていたかもしれない。
それによって転移が防げるかどうかは、まだわかりませんし、もしかすると転移していたけれど、抗がん剤が効いて消滅しただけかもしれないと思うこともあります。
でも私は、たとえ郭清して生活がちょっと不自由になっても、長生きできるほうがいいと考えています。
治療方針に対する考えは、人それぞれの考え方や生活などで変わってもいいと思います。
自分がどれに焦点を置いて治療をしていきたいかにもよると思います。(例えば、郭清すると重たいものが持てなくなるので、子供や孫を抱っこすることが困難になるとか。力仕事ができなくなるので仕事を選ばなくてはいけなくなるとか。)
抗がん剤が効いているようですし、他の方で郭清しなかった方の体験も書かれているので、主治医とよく相談されてみてはいかがでしょうか?

☆おくみさん

お久しぶりです。
私は抗がん剤は、TCとFECでしたし、生理も止まってしまったのですが、他の方の話では、生理があったという人もいましたし、主治医も生理があるか何度か聞かれたこともありましたので、これも副作用と同じで人それぞれなんだと思います。
ホルモン療法中も、私はリュープリンで生理を止めていますが、リュープリンなどの生理を止めるための注射をされない方は、ノルバデックスを服用中でも生理が出る方もいるようです。
私が服用しているタスオミン(ノルバディクスのジェネリック)の冊子にも、生理の時に大量の出血があることがありますと記載されているので、タスオミンだけでは生理が止まらないこともあるようです。
ホルモン療法の副作用、気になりますよね。
私はタスオミンなので、ノルバディクスのジェネリックとはいえ、ノルバディックス自体を飲んでいるわけではないので、このような症状がでていますよとは、言い難いのですが・・・
でも、1つだけ言えるのは、抗がん剤の治療と同じで、ホルモン療法も同じ薬を飲んでいても、人それぞで副作用の出方が違うようです。
私は、何だかほかの方に比べて症状が出ているようですが、私の知り合いには、同じ薬剤なのに、たまにほてりが出るだけというかたもいます。
ハーセプチン&ホルモン療法で、そんなに副作用が出なければいいですね。


本当は、お一人お一人にお返事を書きたかったのですが、先週、ちょっと無理をしてしまいついに右ひじのけん髄を損傷してしまいました。
今日整形外科に行ってきたのですが、腕に負荷をかけすぎと言われてしまいました。
3人目は、まだ抱っこしなくてはいけない時期だし、お仕事で配る冊子は、重たいし・・・
そして何より、もの凄く編み物の精霊に取り付かれてしまい(笑)先週、ずーっと編み物ばかりしていたのも原因かと・・・
おかげで、1週間でくまさんのボトルカバー3体と、レース編みで作ったウエルカムボードが完成しました。
(くまさんの方は、あと耳と目を付ければ完全に完成です。)
そして、腕が痛いにもかかわらず編み物がしたくてウズウズしています。
でも病院の先生に、しばらくは腕をあまり使わないように言われてしまったので、しばらくはおあずけになりそうです。
リハビリにも定期的に通うように言われてしまったので、今週来週あたりは、1日おきにリハビリ通です。

息子も色々と手伝ってくれているので、お利口にして早く直したいと思います。
(と、言っているそばから、こんなに長文を書いているのですが・・・)


http://ameblo.jp/mama-nyugan/




[36403] リンパ節郭清について 投稿者:korhrm 投稿日:2012/02/28(Tue) 16:01

初めて投稿します。
リンパ節郭清についてご意見効かせていただきたく投稿させていただきます

昨年末に乳がん告知された41才、4歳男の子を持つ主婦です。
ステージ?a、リンパ節転移疑いあり(生検してません)他転移なしの状態で現在は術前抗癌剤治療中です。

AC→タキサンを半年の予定でAC3回目を先日終了しました。
かなりよく効いているようで、2回目終了時にかなりの縮小ですと言われました。副作用も無いために血液検査の結果も良好で粛々と抗癌剤治療が進んでます。

5ケ月後の手術で最近考えてしますのですが、術前抗癌剤治療の結果で手術が最終的には確定するようですが、私のステージではリンパ節郭清は必ずされてしまうように聞きました。
自分で色々調べると、リンパ節郭清については色々な考え方があるようで・・・。

私としては術前の今の抗癌剤治療はもちろん、術後の抗癌剤、必要であればホルモン療法や放射線治療はしていく覚悟があるのですが、どうしてもリンパ節郭清を受けたくないと思っています。

手術をされた方、またされなかった方何かご意見アドバイスをしていただければ幸いです。
よろしくお願いします。




[36130] かずにさんへ 投稿者:天使 投稿日:2011/11/18(Fri) 20:08

今の世界は確かに変な事件が、起こったりするけれど、でも人が悲しんだり悩んでたりしていれば、ともに考えたりあるきは
、ともに悲しんだりするのが、同じ人間ですよ。実は私の妻も子宮と、乳がん疑いがあり、これから定期的に検査をしなければいけないのですよ救いの手わかならずあります。




[36102] みなさんありがとうございます 投稿者:moco 投稿日:2011/11/12(Sat) 02:12

れい@関西さん、きよぴょんさん、なおぴょんさん、ミー子猫さんありがとうございました。

みなさんのお仕事に関する考えを読ませていただいて、色々と自分でも考えてみました。
私は、何のために今働きに出たいのか?働きに出ることが幸せにつながるのか・・・
私は、主人と結婚するときに「子供を出産したあと、一番下の子供が小学生になるまで働きに出たくない。」と話しました。
理由は、私自身両親が共働きで、休みの日も仕事で疲れていた母は、いつも寝てばかりいて相手にしてもらえず寂しい思いをしたので、私は、自分の子供たちに同じような寂しさをさせたくないという思い出お願いしました。
もちろんそのためには、主人の収入だけで暮らしていかなくてはいけないので、それなりの節約などもして暮らしてきました。

今回、がんの治療をするにあたり、末っ子を生後半年で保育園にあずけ、真ん中の子を幼稚園の預かり保育に手術から放射線治療終了まで、ほぼ毎日頼みました。
真ん中の子は、毎日預かりが嫌だと言って泣きながら幼稚園に通いました。
末っ子は、乳がんがわかって術前抗がん剤の治療が始まってからは、一緒に過ごす時間がほとんどありませんでした。
一番上もできればお留守番は、したくないと言っています。
もちろんどうしても生活ができないぐらいにお金がないのであれば、子供たちの意見は無視して働きに出なくてはいけないと思いますが、末っ子の保育園を辞めれば、生活はなんとかできます。
ただ治療費は、どうにかしなくてはいけませんが・・・
でも治療費ぐらいなら、何とかできなくないかもしれない・・・

色々と考えました。
そして昨日、主人にも今の自分の気持ちを全部言ってみました。
やってみたいこと、子供たちの保育のこと、仕事をするということ・・・
色々と夫婦で話し合ってみましたが、正直まだ答えが出ていません。
でも皆さんから頂いた言葉で、自分はどうして今まで働かなかったのか、どうして働きたいと思ったのかを改めて考え直すきっかけになりました。
色々と考えていたら、やりたいこともたくさんありすぎて、どれからやったらいいかもわからなくなってきてしまいました。

とりあえずまだ時間はあるので、よく夫婦で話し合って、納得のいく時期に仕事を始めたいと思っています。


☆ちょっぱーさん
はじめまして。
私は、今年の2月に33歳で乳がんの告知をされました。
私の場合、出産後母乳をあげていた最中にしこりを発見したため、始め乳腺炎だと思っていたので、主人にそのことは伝えていました。
ところがマッサージに通ってもなかなかしこりが取れなかったため、出産した産婦人科の助産師さんの勧めで乳腺専門のクリニックに始め行きました。
そこで乳がんかもしれないと言われました。
そこでは細胞診などの検査はせずに、腫瘍が大きかったのでがん専門の病院の紹介状を出してもらい、紹介してもらった病院でもがんの疑いがあるということで、針生検で調べました。
主人には、一番初めに行ったクリニックで乳がんかもしれないと言われたときに電話で伝えました。(結果によっては、今後の主人の仕事にも影響が出ると思ったので。)
針生検したときに先生(今の主治医)に「次回は、家族を連れてきたほうがいいですか?」と訪ねたところできれば連れてきて欲しいと言われたので、その後主人に連絡して、単身赴任先から一時帰宅してもらいました。
丁度告知の日、私自身がインフルエンザにかかってしまい、自宅謹慎中だったので、主人は仕事の関係上、次の日には帰宅しなくてはいけなかったので、病院に問い合わせたところ、ご主人だけでも来てくださいと言われたので、主人だけで結果を聞きに行ってくれました。
なので私の場合、乳がんの告知をはじめに聞いたのは、主人でした。
電話で確認した時点で、乳がんだったんだ・・・と思いましたが、ちゃんと聞くまでは望みがあるかも・・・と思っていましたが、ダメでした。
それからすぐに転移がないかの検査の後、術前抗がん剤の治療が始まりました。

私の場合、ちょっと特殊ですが、これからの治療のことを考えると、家族の協力は不可欠になってくると思います。
ちょっぱーさんにお子さんがいるかは、わかりませんが、もしお子さんがいればなおの事、ご主人の協力が不可欠になってくると思います。
確かにちょっぱーさんのお気持ちも分かります。
ご主人を思っての悩みだと思います。
でも、夫婦ですからいずれは話さなくてはいけないことだと思います。
でしたら治療が始まる前の今、言った方がいいと思いますし、できたら1度は、ご主人にも病院に来てもらって主治医からこれからの治療について詳しく聞かれたほうがいいと思います。

私の主人も6年前に母親が危篤状態の重い病気になりましたが、奇跡的に回復して、現在もリハビリをしながら少しは家事などの生活もこなせるまでに回復してきていて、ホッとした頃に私の乳がんがわかりました。
そして私の乳がんの治療が一段落してホッとしたのもつかの間で今度は、父親が心筋梗塞で来週手術することになっています。
父親の心筋梗塞は、3ヶ所詰まっているそうで、1ヶ所は90%塞がっているため、この1週間でそこの部分が詰まってしまったら、50%確率で死亡すると言われているそうです。
そんな状況ですが、私の悩みなどにも親身になって考えてくれますし、ホルモン療法の副作用で辛いときには、子供たちの世話など手伝ってくれたりもします。

本当に主人をはじめ、家族には感謝しても足りないぐらいに感謝しています。




[36029] 本当に 投稿者:ちるすまいる 投稿日:2011/10/18(Tue) 22:41

お隣のリコさん、みなさん、そしてそしてHANAさん、こんばんは。ご無沙汰してます。今年4月に全摘し同時再建、今はホルモン療法しています。まだまだ1年生、ようやく2学期を迎えたところです(^_-)-☆

HANAさん、お誕生日おめでとうございます♪
私も10月。おんなじてんびん座なんですねぇ!
何となくうれしい・・・

私も登場するのは久しぶりですが、毎日来ていましたよ。

この間、新しい仲間もいらっしゃったり、ドキドキハラハラしたり、やっぱり登場してくれた先輩!って思いながら、何か書き込めずにいました。

それは、ともに悩んだり考えたり感じたりしていたのだけど・・・パソコンの前で時間だけが過ぎてしまった感じです。

同じ乳がんでも、病態も治療法も、もちろん環境や生活史も考え方・感じ方も違う・・・それでも、分かち合える場所だと思っています。ふんわりとあったかくありつつも、どこか凛としている、光がみえるところです。

なので、あらためてHANAさん、ありがとう。
ここに来る仲間にもありがとう。

以前書き込んだ時の「子宮体がんの疑い」はまだ完全には晴れませんが、ほぼ大丈夫な感じです。
こころの方は、いまだ揺れたり沈んだり浮き上がったりしていますが・・・(*^_^*)

まぁ、まだ考えてみれば半年。妙に落ち着くこともないですね。なので、まだまだここを頼らせてもらっています。

これからもよろしくです!

取り急ぎ、誕生日に間に合わせです。



- AD -