乳がんホームページ

乳がん掲示板過去ログ キーワード:乳癌 確率


- AD -



167 件の投稿がみつかりました。 [1-10] を表示



[37737] ほぼ乳がん確定 投稿者:おり 投稿日:2015/04/29(Wed) 04:37

はじめまして。ネット検索をしていてこの掲示板にたどり着きました。
まわりに話せる人がいないので、こちらで相談させてください。

昨年末から今年始めくらいに胸のしこりプラス痛みがあり、先週マンモグラフィーを受けたところ乳がんである確率が高いから緊急に針生検をするようにと言われました。今日、針生検をしてきましたが、結果はまだだがほぼ乳がんであることは間違いないと言われ、ショックを受けています。
エコー検査ではリンパはまだ大丈夫だと言われましたが、小さいしこりが7つくらいできているようです。
一週間後に検査結果が出るので、それから治療方法など話し合おうと言われましたが、前向きに考えようと努力はしていますが、怖くて怖くて仕方なくて、何も手につかない状態です。今も胸がドキドキしています。
それからわたしは他にも免疫系の持病があり、免疫力が弱いので、がんの進行が早いのではと恐れています。
その病気の関連で去年はたくさんレントゲンやCTを取ったこともがんになった原因のひとつか、ストレスが多かったので、それも原因かとあれこれくよくよ考えてしまいます。
今も書きながら涙が出てきます。。。

病気のことは考えず前向きに考えた方がいいと言われましたが、いったい何をどうしていいのか。
皆さん、この期間、どう過ごされてましたか。
どうやって怖さと戦われてましたか。





[36877] Re:[36874] 無題 投稿者:ひろっち 投稿日:2013/03/11(Mon) 23:17

かもみぃるさん、こんばんは。
掲示板の皆さまもこんばんは。

先日、こちらの掲示板にお邪魔させてもらいましたひろっちです。
掲示板はちょくちょく見ていてもなかなか書き込む事出来ないでいたんですが、少しお邪魔します。

かもみぃるさん、辛いお気持ちが続いているんですね。

私は43才ですが、昔すごく辛い日々を過ごしたことがあります。
乳ガンになる前でしたが7、8年過呼吸や鬱っぽい症状でいて、途中睡眠薬を沢山飲んで病院に運ばれたこともあります。
その時は独身で、仕事もパワハラにあったりしてました。
かもみぃるさんの読んで昔辛かった時の気持ちを思いだしましました。

まずは体力第一で。
元気がなくなると気持ちも落ち込みがちになりませんか?
体力も気持ちも戻ってきて、なにか活動したくなって始めて行動したらどうでしょうか。
無理に動いても辛くなって嫌になってしまいませんか?
私も昔辛かった時は、なかなか新しい出会いなど鬱陶しかった記憶があります。
でも何年もかかってその時期を乗り越えた後は、なんか、何でも楽しかったです(病気を除けば今もです)
そして、ちょっとの事では悩まなくなりました。
昔沢山悩んだからかな?とか思います。
告知から、1年2ヶ月経ち、ステージも3で決してよい状況ではないのですが(病理結果で医師から限りなく高い確率で再発すると言われてます)不思議と普段は病気を忘れそうになります。
たまに、再発の不安が出たら、軽く好きなワインを飲んでホロ酔いで寝ちゃいます(アルコールは良くないのも承知のうえ、睡眠薬はもう懲り懲りで)
病気の事考えてもすぐには治らないし、楽しく過ごそうと心掛けてます。

かもみぃるさんもきっと、今のお気持ちから抜け出る日が来ると思いますのでゆっくり焦らずに!
悩んだり考えたりしたこと、全部かもみぃるさんの成長となって蓄えられると思います。
頑張りすぎないで下さいね。

書き慣れてなくて、乱文で失礼しました。





[36618] あれから一年 投稿者:おーどりー 投稿日:2012/07/05(Thu) 22:26

れい@関西 あらためおーどりーです。
みなさん、お久しぶりです。

おとなりのベガさん、はじめまして。
私は今日でちょうど一年になります。
温存手術、抗がん剤、放射線治療を終え、今はタスオミン内服中です。
ホルモン治療を侮っていました。
想像以上に苦痛です。
この季節、カツラも暑いし、汗は噴き出すし、急にめまいに襲われたり、頭がフワフワしたり・・・。関節痛、腰痛もひどいですし、5年もこの症状と付き合えるのか・・・と不安になります。なんと言っても気分のムラというか、イライラを自分でも持て余してしまうほどです。
周囲の人に迷惑をかけたくないけど、なんとか理解してもらうためにはどうしたらいいでしょうか。

この一年は毎日が治療の延長線上にあったためか、再発や転移のことはあまり深く考えることがなかったように思います。
それが、一年を迎えるころから、急に再発や転移のことばかり考えるようになっています。
その確率が低くても、たとえ数%でも、その数%に入れば、その人にとっては100%なわけですから、確率なんて何の意味もありません。
だから、最近とても怖いんです。
腰痛がでれば骨転移を疑い、体の不調が起きると癌の再発や転移を考えてしまう・・・。
人に言ってもこの不安は理解してもらえません。
日々、快方に向かっていると思われているし、温存でいけたのだから大丈夫!!と根拠のない励まし・・・。

今日の検査結果は血液検査以外はノーマルでしたが、血液検査の結果も不安です。





[36420] お久しぶりです 投稿者:めろん 投稿日:2012/03/04(Sun) 08:18

HANAさん、お隣のマイクママさん、皆さんおはようございます。
とってもお久しぶりのめろんです。
ROMってはいてもなかなか時間もないし、はじめましての方も多くて挨拶もしきれず失礼しております。
HANAさんも一緒に歌ってきた東京マラソンのイベントとかご報告はいろいろあるのですが取り急ぎの書き込みで失礼します。

簡単に自己紹介だけはしておかないとわかりませんよね(汗!)
東京在住の53歳のおばあちゃんです(孫は1歳4カ月になりました)
ずっと何年も抱えていた右のしこりが硬くなって動かなくて大きくなってしまい、いろいろなことが片付いた2009年2月末に検診センターでマンモ受診。見事に右は「要精検」で左は「異常なし」
ところが紹介状持って行った大学病院であっさりと「左もあるね」ということであっという間に両側乳がん発覚。おいおい。。。
右のしこりが大きかったこともあり4月~11月まで術前化学療法EC→ウィークリーパクリタキセルを4クールずつ。(でもEC終わった直後から髪が増えてパクリの時にしっかり自毛デビューした変わり者)
2010年1月15日に両側オペ。右を全摘、左は温存。リンパは両方郭清したけれど、ケモが効いて取ったリンパにがん細胞はなし。左のみ放射線。
その年の2月からアリミデックス服用(ケモで完全に閉経)今も毎日一粒飲んでます。ホトフラがひどかったので3種類の漢方を試して、今は一つ漢方のお世話になってます。
両側だったけれど、腕はふつーに動くし趣味のドラムも続けています。念願のおばあちゃんにもなったし、仕事は保育中心にあれこれとパートをかけもち。BCSCでゴスペルにはまってそちらも頑張ってます。

全摘した右は4月に再建します。乳がんオペした病院の形成で穿通枝皮弁でできることになりました。頑張ります(ドクターが・笑)胸がでかいので、左は乳頭乳輪移植の時に位置を修正(温存なのでちょっと向きがね。。。)し、ついでに小さくするかもです。


★マイクママさん
思い切って検査にいかれてよかったですね。とんとんさんも書いておられますが、また自分がちゃんと納得できるところでいつか検査してもらうことも大事かと思います。
悶々とした思いを抱えたままでいるよりはずっといいですし、自分の健康に気を遣って悪いことはありません。
是非お友だちも誘って行ってらしてくださいね。

★☆スマイル☆さん
すぐに病院にいかれたその勇気で、この先も進んでいってください。自分の身体を心配してちゃんと病院に行けたのです。
まだはっきりと決まったわけではありませんし、今の時代は「がん=死」ではありません。特に乳がんは本当にどんどん治療が進んでいて、「再発転移」でもすぐに「死」に結び付く状況ではありません。
大丈夫ですよ。まずは検査をしっかり受けてください。画像だけでは確定診断はできません。
もしもできるならば、その結果を聴きに行く時にはどなたかご家族か信頼できるお友だちとご一緒にいけたらと思います。
誰でも患者は頭が真っ白になり、何を言われたか覚えていなかったりします。その時にきちんと話を聞いてくださる人がいたらとても心強いですよ。
それができない場合でも、できればドクターに必要なことをメモして頂くか、看護師さんにあとでゆっくり話をもう一度してもらえるようにしてみてくださいね。
全ての人生が決まってしまったわけではありません。まだまだこれからいろいろなことがわかり、始まります。
確率で病気は決まりません。できれば何事もないことを心から祈っています。
大丈夫ですよ。ここにきてくれてよかったです。何事もなくても、もしも乳がんと診断されても、ここの掲示板の仲間は皆さん丸ごと受け入れてくださいます。
どうか顔をあげて進んでいってくださいね。


たくさんお声かけしたい方がいるのですがほんとに中途半端ですみません。
最後にひとつ宣伝を。
私はオペした相模原市の北里大学病院で乳がん患者のおしゃべり会を開いています。月に一回、どこの病院の患者さんでもこられるように、病院の新棟8階にあるレストラン「フォレスタ」の中の小部屋でやっています。
基本最初の月曜の午後ですが、今日は年に三回やってる日曜開催日です。午後2時~5時で出入り自由。会費はなし。ただレストランなので一品頼んでもらいますが珈琲なら300円だしティータイムだとおかわりもできちゃいます。
興味ある方は突然の参加で構いませんので、是非いらしてください。古淵、相模原、相模大野からバスとちょっと不便なところですが、お時間あったら是非どうぞ。
いつも10人前後でわいわいとおしゃべりしてます。区切られた部屋を借りてるので気がねなく話ができますよ。

では失礼します。またきますね。




[36418] はじめまして。 投稿者:☆スマイル☆ 投稿日:2012/03/03(Sat) 17:01

先日乳がんの特集を見て、TVのように触ってたら、左胸にシコリ発見しました。すぐに、病院に行きマンモとエコーと先生に触ってもらい確認をし、60%の確率でガンといわれました。確率が微妙ですが確率としては割と高いと思い聞いた瞬間に頭が真っ白になり先生が色々と説明してるのですが何を言ってたのかあまり覚えてません(ーー;)
なんとか、気をもちなおして話をきいたのですが、来週MRIと細胞診です。身内に乳がんもいなく乳がんイコール死ぬみたいなイメージがあり、、、まだ四割は乳がんではないとおもってもふと涙がでるときが昨日からあります。子供一さい四歳の二人でさはす。私は30です。
シコリは1cmくらいです。転移はなさそうとのことです。
ただ、何か質問したいとかではないのですが不安で押しつぶされそうでここに書き込みました。




[36183] 何でもない日常! 投稿者:あん 投稿日:2011/11/30(Wed) 16:45

私もHANAさんの言葉に甘えて、出てきました。
術後検査3年をクリアーして、現在ノルバ服用中の「あん」
です。

まさに、時々覗いているも、アドバイスは・・という一人です。
治療まっただ中にあったり、再発と向き合っていらっしゃる方や・・私などがのこのこ出没しては申し訳ない・・
と思っていたのですが、今回のHANAさんの言葉にうれしくなって出てきました。

お隣のりりこさんの少し後輩ですね。
資格をとり、頑張ってるんですね。
リンパをとったとの事、私も同じですが、年々気にしなくなってきてしまい、たまに反省しています。

以前にリンパかくせいした方で、テニスをしてらっしゃるという書き込みをみて、心が揺れてます。
利き腕だし、ラケットを振るっていうのは、かなり腕に負担をかけないかと・・・

発覚当初、ステージ?、リンパ転移あり、グレード3、ハーツー強陽性、とあまりたちの良いものではなく、再発確率など厳しい数字を提示(というか、私が主治医に聞いたのですが)
気付けば4年生。
5センチ近くあったしこりが術前の抗がん剤で、2.1センチまでなりました。
その後、放射線治療、術後抗がん剤、ハーセプチン、リュープリンと・・
そんなに生きれない私に、これほど治療費をかけて・・
なんて考えたりもしたのに・・

今はテニスどうしようか??
なんて考えています。
子育て中の私は治る確証ないのに、この治療費は幼い子供の学費に、貯金したい(専業主婦の為、共済保険しか入っていませんでした)と、申し訳なく思い、贅沢もしないように・・
と考えていたのですが、稼いでくれてるダンナが、こういう時こそ、おしゃれして、おいしいもの食べて、旅行したり気持ちよく過ごせばいいんだよ・・
とありがたい言葉をかけてもらいました。

今は精神面もかなり復活してきたし、子供も私と一緒に4年生になったし仕事も少しずつ始めたので、治療費も落ち着いてきて
何でもない日常を過ごしています。
同じ頃発覚した病友も女児を出産し、りんぱとったなりに、子育て頑張っています。
私はノルバ服用でホルモン療法もあり生理はまだきていません。

こんな書き込みでも、良いのでしょうか??
誰かのお気持ちに引っかかってしまったら ごめんなさい!!

でも投稿しちゃいます。
ええぃ~~~~い!!!




[36102] みなさんありがとうございます 投稿者:moco 投稿日:2011/11/12(Sat) 02:12

れい@関西さん、きよぴょんさん、なおぴょんさん、ミー子猫さんありがとうございました。

みなさんのお仕事に関する考えを読ませていただいて、色々と自分でも考えてみました。
私は、何のために今働きに出たいのか?働きに出ることが幸せにつながるのか・・・
私は、主人と結婚するときに「子供を出産したあと、一番下の子供が小学生になるまで働きに出たくない。」と話しました。
理由は、私自身両親が共働きで、休みの日も仕事で疲れていた母は、いつも寝てばかりいて相手にしてもらえず寂しい思いをしたので、私は、自分の子供たちに同じような寂しさをさせたくないという思い出お願いしました。
もちろんそのためには、主人の収入だけで暮らしていかなくてはいけないので、それなりの節約などもして暮らしてきました。

今回、がんの治療をするにあたり、末っ子を生後半年で保育園にあずけ、真ん中の子を幼稚園の預かり保育に手術から放射線治療終了まで、ほぼ毎日頼みました。
真ん中の子は、毎日預かりが嫌だと言って泣きながら幼稚園に通いました。
末っ子は、乳がんがわかって術前抗がん剤の治療が始まってからは、一緒に過ごす時間がほとんどありませんでした。
一番上もできればお留守番は、したくないと言っています。
もちろんどうしても生活ができないぐらいにお金がないのであれば、子供たちの意見は無視して働きに出なくてはいけないと思いますが、末っ子の保育園を辞めれば、生活はなんとかできます。
ただ治療費は、どうにかしなくてはいけませんが・・・
でも治療費ぐらいなら、何とかできなくないかもしれない・・・

色々と考えました。
そして昨日、主人にも今の自分の気持ちを全部言ってみました。
やってみたいこと、子供たちの保育のこと、仕事をするということ・・・
色々と夫婦で話し合ってみましたが、正直まだ答えが出ていません。
でも皆さんから頂いた言葉で、自分はどうして今まで働かなかったのか、どうして働きたいと思ったのかを改めて考え直すきっかけになりました。
色々と考えていたら、やりたいこともたくさんありすぎて、どれからやったらいいかもわからなくなってきてしまいました。

とりあえずまだ時間はあるので、よく夫婦で話し合って、納得のいく時期に仕事を始めたいと思っています。


☆ちょっぱーさん
はじめまして。
私は、今年の2月に33歳で乳がんの告知をされました。
私の場合、出産後母乳をあげていた最中にしこりを発見したため、始め乳腺炎だと思っていたので、主人にそのことは伝えていました。
ところがマッサージに通ってもなかなかしこりが取れなかったため、出産した産婦人科の助産師さんの勧めで乳腺専門のクリニックに始め行きました。
そこで乳がんかもしれないと言われました。
そこでは細胞診などの検査はせずに、腫瘍が大きかったのでがん専門の病院の紹介状を出してもらい、紹介してもらった病院でもがんの疑いがあるということで、針生検で調べました。
主人には、一番初めに行ったクリニックで乳がんかもしれないと言われたときに電話で伝えました。(結果によっては、今後の主人の仕事にも影響が出ると思ったので。)
針生検したときに先生(今の主治医)に「次回は、家族を連れてきたほうがいいですか?」と訪ねたところできれば連れてきて欲しいと言われたので、その後主人に連絡して、単身赴任先から一時帰宅してもらいました。
丁度告知の日、私自身がインフルエンザにかかってしまい、自宅謹慎中だったので、主人は仕事の関係上、次の日には帰宅しなくてはいけなかったので、病院に問い合わせたところ、ご主人だけでも来てくださいと言われたので、主人だけで結果を聞きに行ってくれました。
なので私の場合、乳がんの告知をはじめに聞いたのは、主人でした。
電話で確認した時点で、乳がんだったんだ・・・と思いましたが、ちゃんと聞くまでは望みがあるかも・・・と思っていましたが、ダメでした。
それからすぐに転移がないかの検査の後、術前抗がん剤の治療が始まりました。

私の場合、ちょっと特殊ですが、これからの治療のことを考えると、家族の協力は不可欠になってくると思います。
ちょっぱーさんにお子さんがいるかは、わかりませんが、もしお子さんがいればなおの事、ご主人の協力が不可欠になってくると思います。
確かにちょっぱーさんのお気持ちも分かります。
ご主人を思っての悩みだと思います。
でも、夫婦ですからいずれは話さなくてはいけないことだと思います。
でしたら治療が始まる前の今、言った方がいいと思いますし、できたら1度は、ご主人にも病院に来てもらって主治医からこれからの治療について詳しく聞かれたほうがいいと思います。

私の主人も6年前に母親が危篤状態の重い病気になりましたが、奇跡的に回復して、現在もリハビリをしながら少しは家事などの生活もこなせるまでに回復してきていて、ホッとした頃に私の乳がんがわかりました。
そして私の乳がんの治療が一段落してホッとしたのもつかの間で今度は、父親が心筋梗塞で来週手術することになっています。
父親の心筋梗塞は、3ヶ所詰まっているそうで、1ヶ所は90%塞がっているため、この1週間でそこの部分が詰まってしまったら、50%確率で死亡すると言われているそうです。
そんな状況ですが、私の悩みなどにも親身になって考えてくれますし、ホルモン療法の副作用で辛いときには、子供たちの世話など手伝ってくれたりもします。

本当に主人をはじめ、家族には感謝しても足りないぐらいに感謝しています。




[35779] こんにちは 投稿者:ミッシェル 投稿日:2011/08/22(Mon) 16:13

HANAさん、お隣のyp1018さん、こんにちは~~
HANAさんはお盆休みでしょうか?

yp1018さん、健康に過ごせる幸せを改めて感じてます。一昨日昨日と24時間テレビを見て、なお一層思いました。

うちの娘(次女24歳)
赤ちゃん(1歳)の時、院内感染で麻疹にかかり、それが元で脳炎を発症。軟体動物のようになり、やっと歩けるようになっていたのに、それのおかげで起き上がることも、お座りすることも、ましては立つこともできなくなってしまいました。脳の中に空洞ができ、その中に血液が貯まってくる・・・そんな病魔が娘を襲いました。オペして取り除けば良いのですが、場所が難しいところにあり、オペしたとしても成功確率は五分五分・・・あの時は絶望的でした。

東京の大学病院に移り、検査、検査の日々。
私も主人も、一度は諦めかけていましたが、私たちがこんなんじゃいけない!たとえ1%の望みでも生きることにかけてみる!と思い直しました。
どこの子も付き添いはお母さん方なのに、うちはほとんどが主人でした。「俺が絶対治して見せる!」と言って・・・


奇跡は起きました。
主治医もびっくり!

明日、頭蓋骨をドリルで開けて調べてみる予定の前日にMRIではその病巣がすっかり無くなっていました。

前代未聞らしいです。

あとはリハビリのみ、小学校に入るまでリハビリ続けました。
おかげで、普通の学校に通えて普通に生活をすることが出来ました。
今では、自動二輪と車を乗り回し、あちこち出かけています。

だから、あきらめないでほしい。奇跡はおこります。
普通であるということも、有り難いな~と思います。

yp1018さん、一緒に頑張ろう!乳がんにはなってしまったけど
諦めないで生きよう!そしてここにきて話そう!

ごめんなさい、自分のことばかりの話で・・・
24時間テレビを見ると、あの時のことが蘇ってきてしまいます。


MIN,Kさん、お盆はずーーーっと仕事してました。
子供たちが小さい時もそうでした。
お手伝いに駆り出されて、思い出は 仕事?と娘は申しております。

余談ばかりですいません。
またおじゃまします。
毎年こんなんです。




[35734] ああ悩ましき再手術 投稿者:LUCA 投稿日:2011/08/05(Fri) 23:25

おとなりのいぬきちさん、みなさん、こんばんは

そういえばもう週末、掲示板の書き込みが少なくなる時ですね。(ポーさんの分析、私は全然気がつきませんでした。)


●蒔絵リコさん

早速のコメント、ありがとうございます!
いつも蒔絵さんの体験をもとにした丁寧なコメント、
私も参考にさせてもらっています。

そうなんです、せっかく終わったはずの手術が、
同時再建でもあと2回……。

私も、全摘しても放射線の必要があるそうで、
同時再建してインプラントを入れてから放射線だそうです。
(いぬきちさんと同じですね。)

30代ということもあって、
再建はインプラントをすすめられています。
いまは変形なく温存できているし、全摘しても放射線は省けないし、
ほんとに手術しなきゃいけないのかな……とかなり迷うところです。

それから病理の結果ですが、
私は術前にHER2が2+だったのでFISH検査を受けたら陰性。
術後の病理ではHER2が0になったので、ハーセプチンはしていません。

2+だったはずなのHER2がなんで0なのか、よくわかりません。
たまたま検査した場所によって違ったりしないのかしら、
本当にハーセプチンを受けなくていいのかな~と、
ちょっと気になっていました。

でもきっと、蒔絵さんがホルモン治療を受けなくて納得されているように、
私も体調や経済的な負担を増やしてまでハーセプチンを受ける必要はないと
納得していい状態なんでしょうね。



●YUさん

インプラントのこと、詳しく教えてくださってありがとうございます。
(以前HER2が2+になったときも、
ハーセプチンのことを詳しく教えてくださって、心強かったです!)

今は早く普通の生活に戻りたいという一心でしたが、
YUさんのコメントを読んで、結果を急がず時間とともになじんでくるのを待つ、
というのも再建には必要なのかもしれいなあと思いました。
1年2年と時間を重ねれば、まったく気にならなくなるかもしれませんね。
そういえば温存後の傷も最初はカチカチでシワシワだったのが、
時間とともに普通になりました。


じつは私は、断端陰性だったんです。
それだけに再手術がベターと言われたときは、びっくりしました。

確率としては多くないそうですが、
脈管侵襲がとても高度だと、炎症性乳がんで再発するケースがあるそうです。
ならない可能性のほうが高いけれど、もしなってしまったら、
放射線は同じ場所に当てられないので、治療が難しくなりそうです。

もし今自分が高齢であれば、体への負担も考えて手術はしないと思います。
でも、人並みな寿命まで生きようと思えばあと50年もあるので、
できることは全部しておくべきなのか……。
私も後悔せず、納得して進めるように、よく考えます。





[35673] Re:[35672] 私も・・・ 投稿者:あらしっく 投稿日:2011/07/23(Sat) 10:24

お隣のなおべえさん、みなさん、おはようございます。
今朝はさわやかな港町@関西です。

なおべえさん:初めまして。去年4月に告知、6月に皮下乳腺全摘・同時再建したあらしっくと申します。私も術前は小葉がんと言われていましたが、術後の病理検査で乳管がんだったことが分かりました。再手術は大変でしたね。再建のことはこれからゆっくり考えられるとよいのではないでしょうか。私は同時再建できてよかったですが、その反面、とても急いでいろんなことを調べなくてはならなかったので、術後に『ああすればよかったのでは』と思うことも少しだけありました。
暑さがこたえるでしょうから、エコはそこそこに体調管理して下さいね。

いぬきちさん:私は術前に石灰化が乳房のあちこちに見られたため全摘を勧められ、術後の病理の結果その石灰化は悪いものではなかったので、結果として温存も可能であったと告げられました。でも、術前の自分の判断はその時できた最適のものであったと思い、全摘したことに後悔はしていません。お胸の感覚も少しは変わるかもしれませんね。私の場合自家組織なのでまた違うでしょうが、手術直後は痺れたようで全く感覚が無かったけれど少しずつ戻った部分(上腕辺りなど)もあります。
そうそう、いぬきちさんが祈って下さったチケット、今回は残念でした(泣)。ご協力ありがとうね。機会があれば来年も協力してください♪

郷子さん:初めまして。去年上に書いた通りの手術をしました。私も組織診でステージ0、非浸潤性と判断されていましたが、石灰化があちこちに見られたことと、乳管に沿って乳房全体に広がりやすいタイプの細胞だということで、全摘を勧められました。「“早期で穏やかな細胞”なのになぜ全摘?」と、寝ても覚めてもそのことばかりが頭の中をグルグル回っていました。でもその時の気持ちは、とにかく早く悪いものをすっぱりとってもらいたいということが全てでしたので、全摘をお願いしました。それに加え、私は同時再建を勧められたのですが、形成外科的にいうと温存よりも全摘の方が審美的にうまくいく確率が高い(あくまで私が受けた種類の術法だと、です)ということも私の気持ちを後押ししました。どちらが良いかはご自身と主治医の先生とで判断されることですが、全摘と決められたのならそれが今出来る最善の決断だと信じられるのが良いように思います。手術の日はこちらの皆さんからパワーが行きますよ。えっとどちら方面でしたっけ?日時、場所(何かの会みたいですね)を教えて下さいね。

あんさん:はじめまして。全摘か温存かということ、自分には選択肢が無かったので私は詳しく調べたことが無いのですが、温存可能と判断された場合は予後の数字に差は無いとよく目にします。あんさんが熟考の末にご自身の命を最優先されたこと、文章からよく伝わってきます。

みなさんにお声かけ出来ずに申し訳ありません。来週からまた凄く暑くなるそうですので、バテないように気をつけましょうね。

急いで書いたので乱筆・乱文失礼します。



乳がん掲示板 過去ログ検索


- AD -