乳がんホームページ - Don't worry, be happy ! -
HOME乳がんナビ乳がん体験記リンク掲示板休憩室ヘルプ
HOME 乳がん掲示板乳がん掲示板過去ログ一覧

乳がん掲示板 過去ログ
こちらは「乳がん掲示板」の過去ログ(古い書き込みの保存版)です
( 2006.03.12 〜 2006.03.18
長年の蓄積ですので、中には情報が古くなっているものもあります。参考にされる際はご注意ください。
過去ログ内の書き込みに対して、投稿者に直接メールすることは、ご迷惑になりますので、ご遠慮ください。
ご質問は新たに「乳がん掲示板」へ投げかけてください。


-広告表示欄-
[13956] Re:[13947] 初めまして☆への返信 投稿者: 投稿日:2006/03/18(Sat) 01:43  

21歳の娘さんへ

こんばんわ。
私も現在貴方と非常によく似た状況にいます。
私の年齢が二十歳ですのでさほど変わらないでしょう。
お気持ち痛い程分かります。
辛いのは母のほうなのに私が馬鹿みたいに泣いてばかりいます。さすがに母の前では気丈に振舞っていますが・・・。
もしよければメールでもください。
お互い母のために出来る限りの全てを尽くしましょう。


[13955] Re:[13950] 正しい知識 冬子さん 投稿者:Tam 投稿日:2006/03/18(Sat) 01:06  

> もしかして、お母様は、腫瘍切除だけではありませんでしたか?
> 放射線の照射が無いと、35%の局所再発率です。これは、10人いて、3〜4人ですから、見逃せる数字ではありません。
> 温存療法を取る時には、放射線照射が、現在は標準治療です。
> (本からの知識です)

お勧めされている本は知っていますし、おっしゃっておられる意味も、またお勧めされる理由も分かります。が、今現在放射線治療をしようかどうか考えてる人になら別ですが、既に手術を何年も前に終え、今不幸にして再発に見舞われてしまった方、またはそのご家族に『あの時こうしておけば良かった』という後悔だけを招く様な発言は理解出来ません。書き込みされた娘さんのお母様が果たして放射線治療を選択されたかどうかは分かりませんが、もしされていなかったとしたら、どう感じられるとお思いですか?

個人的には、どういった治療を選択するかはあくまで個人の判断だと思います。私なら、現在どれを選択しようか迷っていて情報を求めている場合は別ですが、既に決断をした、或いはもう済んでしまっている場合には意見を求める事はありませんし、ましてネガティブな話であるなら耳に入れて欲しくないですが。


[13954] 母体への影響は? 投稿者:ムー 投稿日:2006/03/18(Sat) 00:02  

みなさん、こんにちわ。今月27日に全摘手術を予定しています。私は今38歳、独身です。再発防止のため、手術→抗癌剤療法→ホルモン療法をとる予定です。愛する人がいて、乳がんにかかったことを告白すると「一緒に治そう」と受け止めてくれました。彼との子供を産むことを強く望んでいます。主治医に相談したら抗がん剤治療終了後ホルモン剤治療を受ける前に、妊娠・出産が可能であるとのこと。ですが、抗がん剤の母体・胎児への影響は聞きそびれてしまいました。本・ネットで情報があるか調べましたが、詳しい情報は未だ得られていません。どなたか癌治療を終えて出産された方、または治療を中断して出産された方はいらっしゃいますか?


[13953] 21歳の娘さんごめんなさい。 投稿者:ミニ2 投稿日:2006/03/17(Fri) 23:18  

間違えてそのまま投稿してしまいました。


[13952] 初めまして。 投稿者:ミニ2 投稿日:2006/03/17(Fri) 23:16  

私の母は10年前に手術をして右の胸をとりました。5年前に再発、骨に転移。今は繰り返す抗がん剤で骨がボロボロになり去年の9月に足を骨折し車椅子で生活しています。21歳の娘さんの何とかしてあげたいという気持ちに今の私と重なりました。我が家もずっと母と2人暮らしでしたが母が歩けなくなってからは別居してた父が戻ってきました。(これがやっかい...)似てるでしょ?私は27歳でちょっとお姉さん。介護に仕事に家事。この生活に慣れてきて癌を治したいと強く思うようになりました。癌のいたずらで骨が痛むときは触るのも嫌がるほど。一番近くにいるからこそ何も出来ないもどかしさ。苦しむ姿は見たくない。何とかしてあげたい。毎日それの繰り返しです。母には少しでも多く笑っていて欲しい・・・それが娘の願いです。



[13951] Re:[13947] 初めまして☆ 投稿者:ミニ2 投稿日:2006/03/17(Fri) 22:51  

> 私の母は12年前に2・1センチの乳がんを摘出しました。その時の主治医が名医だったらしく母の胸はきれいな形を残すことが出来ました。そして『10年間再発がなければ完治』という言葉を信じて母は数年間、腕のシビレ・患部の痛み・ホルモン剤の副作用に耐え、食事管理、運動を欠かさずしてきました。それなのに・・最近になってまた癌が見つかりました。再発なのかは分かりませんが、2個あるそうです・・。今回はもう片胸を全部取らないといけません。私は母から癌のことを聞かされたとき涙が止まりませんでした。そして今まで私の前で涙を流したことの無い母もボロボロと泣いていました。母は今まで一生懸命生きてきて一人で何事も乗り越えてきました。それなのに何故??!母がまた辛い思いをしなきゃいけないと思うと・・本当にいたたまれません↓悲しすぎます。現在は母と二人暮らしです。私がしっかりしないといけないのですが、母のことを思うと涙がすぐ出てきてしまいます。出来る限り母の喜ぶことをして、助けたいです。癌の辛さ、胸を失う悲しみをどうやったら拭えることが出来るのでしょうか?痛みを和らげるマッサージなどあるのでしたら教えてください。お願いします。


[13950] 正しい知識 投稿者:冬子 (海外) 投稿日:2006/03/17(Fri) 18:49  


21歳の娘さん

お母様は、さぞや、動転なさっていることでしょう。
耳にはいることも、今は、素通りではないでしょうか。
こんな時こそ、あなたが、ナビゲーターになって支えてあげてください。

もしかして、お母様は、腫瘍切除だけではありませんでしたか?
放射線の照射が無いと、35%の局所再発率です。これは、10人いて、3〜4人ですから、見逃せる数字ではありません。
温存療法を取る時には、放射線照射が、現在は標準治療です。
(本からの知識です)

再度、お勧めを致します。
Dr スーザン・ラブ の「乳がんハンドブック」が、あなたに、そしてお母様に、正しい知識を与え、恐怖と戦う武器に、なってくれるでしょう。

この本の中では、ドクターに会う時、この本を持っていくように
勧めています。 私も、そうして、2人の腫瘍内科医に、ここにこのように書いてあるが・・・、と質問をして話し合いをしました。アメリカでは、乳がんのバイブルとも言われている書なので、ドクターも、この中に書かれていることには、疎かにはしません。 1人のドクターは、スーザンといっしょに働いてよく知っていると言っていました。

アメリカと日本では、ドクターの対応が違うかもしれませんが、この本は、アメリカでは、本当によく知られた本なのです。
乳がんと言う病気は、女性には、世界共通の病気なのです。
ぜひ、読んでみてください。

そして、起きてしまったら、状況を把握して、その時の最善を尽くすのみです。





[13949] Re:[13947] 初めまして☆ 投稿者:(17年目)綾希 投稿日:2006/03/15(Wed) 20:17   <URL>

>今回はもう片胸を全部取らないといけません。

10年頑張ったのに残念ですね?
私も12年目に先生から「もう定期的にこなくてもいいですよ」と言われたのに
その2年後に反対側に自分でしこりを見つけました。
今検査中なんですか?
結果が出ていないのに私のような素人が話すことではないのですが、もしかしたら私と同じで
「両側」といって、再発や転移ではなく、まったく別の単独の「がん」でいわゆる「多重がん」ではないでしょうか?

これからの治療を頑張ってとしか言えませんが、お嬢さんの21歳の娘さんが支えになってあげてくださいね。


[13948] 白血球を上げるもの? 投稿者: 投稿日:2006/03/15(Wed) 19:30  

ここでも、以前取り上げられていましたが、
免疫力を上げるのに一番効果がある食べ物は、
バナナとニンニクだそうです。
私は、放射線治療は適応外(多発転移だから)ですから、その点ではわかりませんが、
抗癌剤の副作用である白血球低下が著しいようで
入院中はずっとココアとバナナを摂取したら、白血球が上がりました。
ハーブの『エキナセア』も効果があるらしいのですが、
これは、8週間以上続けて飲んではいけないようで
まだ試していません。
飲んだ人は、効果がある と言っていましたが・・・
食生活だと、玄米食が白血球上昇と便秘に効くそうで、先生もお薦め のようです。
あまり、厳密にするとストレスになるので、
気が向いた時に 食べたいものを で、良いのでは?
体が必要なものを要求しますよね。


[13947] 初めまして☆ 投稿者:21歳の娘 投稿日:2006/03/15(Wed) 19:20  

私の母は12年前に2・1センチの乳がんを摘出しました。その時の主治医が名医だったらしく母の胸はきれいな形を残すことが出来ました。そして『10年間再発がなければ完治』という言葉を信じて母は数年間、腕のシビレ・患部の痛み・ホルモン剤の副作用に耐え、食事管理、運動を欠かさずしてきました。それなのに・・最近になってまた癌が見つかりました。再発なのかは分かりませんが、2個あるそうです・・。今回はもう片胸を全部取らないといけません。私は母から癌のことを聞かされたとき涙が止まりませんでした。そして今まで私の前で涙を流したことの無い母もボロボロと泣いていました。母は今まで一生懸命生きてきて一人で何事も乗り越えてきました。それなのに何故??!母がまた辛い思いをしなきゃいけないと思うと・・本当にいたたまれません↓悲しすぎます。現在は母と二人暮らしです。私がしっかりしないといけないのですが、母のことを思うと涙がすぐ出てきてしまいます。出来る限り母の喜ぶことをして、助けたいです。癌の辛さ、胸を失う悲しみをどうやったら拭えることが出来るのでしょうか?痛みを和らげるマッサージなどあるのでしたら教えてください。お願いします。


[13946] 謎の焼きバナナ・・・ 投稿者:ten吉 投稿日:2006/03/15(Wed) 15:37  

皆さんお返事ありがとうございます。最後の採血に向け焼きバナナを1週間毎朝食べ続けました。するとその前の白血球と数値が同じではありませんか?!!!バナナだけは以前から噂を聞いてましたので、やってみました。これから先の採血前には「焼きバナナ」を食べて実験してみます。ただおかずにならないですよね、食事として食べれるものがあるといいですね。私は今はブーストに入ってますが、体のだるさ、脚が重いという感じです。患部は黒くこんがり焦げましたので、痛みも感じなくなり、皮膚が剥がれだしました。また患側の浮腫が時折でできます。補助治療はゾラ&タモです。ホットフラッシュが恒例でして、自分の体の蒸気で眼鏡が曇るんですよ〜(泣)!!!はたから見ると一人コントみたいで恥ずかしいです。またタモを飲んで便秘がひどいのですが、そんな事はありませんか??これから先は食生活を変えたいと思ってます。以前はお肉やお菓子が大好きでした。


[13945] Lindaさんへ 投稿者:サバンナ 投稿日:2006/03/15(Wed) 10:33  

Lindaさん、お返事ありがとうございます。化学療法を体験された方のお話、とっても参考になります。先生は抗がん剤の副作用に関しては対処がなされるので、ほとんどの方が日常生活に差し障りはありませんとおっしゃいましたが、実際に体験されたご本人の話は説得力があります。心強いです。もちろん個人差はあるでしょうけれど、やってみようかなという動機付けになりました。今まで風邪くらいしか病気をしたことが無い私にとって今回のことは青天の霹靂です。家族も一番病気をしそうにない私がこうなって動揺していると思います(表面は普通をつくろっていますけどね)。私が気分悪そうにしていると、周りも落ちこんで良くないだろうなと思ってました。それが半年も続くなら、いっそさっさと切ってしまった方が...こんなことを堂々巡りで考えていました。これで少し行くべき方向が見えてきたような気がします。今本などを買い漁って情報を集めています。以前は抗がん剤というと、末期の患者さんに使う怖い薬というイメージがありましたが、今は上手に使って手術の負担を和らげたり再発予防に役立てているそうですね。取るべき道が少し見えて来ました。ここに来ると気持ちを分かち合えるみなさんに合えることもわかったので、また参加させていただきます。Lindaさん、手術頑張ってくださいね。きっとうまくいきますよ。


[13944] Re:[13939] 放射線後の白血球 投稿者:ナビ 投稿日:2006/03/14(Tue) 16:29  

ten吉こんにちは。
今は放射線治療のみですか?
ホルモン剤は飲んでいませんか?
ホルモン剤でも白血球、血小板の減少があるらしいですが…
私は放射線終了後半年のときもらったデータで3800ありましたが、現在はもっと少なくて2000台の後半をいったりきたりしています。
でも、これといった不調はなにもなくて術後風邪もほとんどひかなくて耳鼻科以外の科は行ったことがないですよ。
元がいくらくらいあったのかわからないけど、ずっとこの低いままなのかなと心配になってきました。
他の人はどうなのか知りたいです。

主治医は急に下がったのじゃないので大丈夫、薬で上げるほどでもないと言っていますが…



[13943] Re:[13940] 術前化学療法 投稿者:Linda 投稿日:2006/03/14(Tue) 13:44  

サバンナさん、こんにちは。サバンナさんの今のお気持ち、私なりにお察し致します。私は、乳がんだと告知された時には6〜7cmほどあったので、サバンナさんとは状況的に随分と違いがあるのかもしれませんが・・・。
 主治医からは先に手術をするか、手術を前提に先に抗がん剤の治療をするかの選択肢で、術前の抗がん剤治療を受け、来週手術が決まっています。主治医のはなしでは、抗がん剤を先にしても手術を先にしても、予後には変わりはないとのことでした。なんばブレストピアだかでされている手術は1.8cmだったか1.6cm以下でないと受けられないとか、内視鏡による手術もそのくらいの大きさ以下でないと受けられないーと聞いてます。ですから術前の抗がん剤の治療によって、手術の選択肢が増やせるんだと私は理解しています。手術を先にしても抗がん剤の投与を受けなければならないかもしれませんしー。私も抗がん剤の投与を受けるまでは、副作用のことが不安でたまりませんでした。もちろん体質にもよるのでしょうけれど、この半年割と今までと変わりなく過ごすことができました。脱毛はしっかりしてしまいましたけどね。でもかつらも、ものすごく合うかつらと出会えたので、美容院の人にでさえわかりませんでしたよ。だから自分が乳がんという病気とは思えず、ただの髪の抜ける病気なのではないかーと思ったくらいです。気持ちの浮き沈みはありました。ただ、落ち込んだりすると副作用も強く出る・・というか、ちょっと気持ち悪かったり、体に痛みが出たりしました。「気の持ちようで違うんだな」ってすごく思ったので、どんな選択をするにせよ、自分自身が病気に負けないんだ、病気と闘うんだという気持ちが大切なんだと思います。なかなかそんな風に前向きでばかりもいられないときもありますけど、泣きたくなったら泣いちゃえばいいんだと思います。泣き止んだらニコって笑ってみればいいんだと思います。それに決してあなただけに起きていることじゃなくて、こんなにもたくさんの仲間がいるのですから。
 私も半年経ってやっと手術になったけど、治療はこれからが「本番」になるんですよね。先の長さに逃げ出したいような気持ちになったりすることもあるけど、そんなときは、このサイトを開いて見たりしてます。
 サバンナさん、お互い病気になんか負けないで闘いましょう!!


[13942] Re:[13939] 放射線後の白血球 投稿者: 投稿日:2006/03/14(Tue) 06:49  

過去に放射線を術後に受けた方で、白血球の減少があった方はいらっしゃいますか?又照射後に数値はどれくらいで戻ったのでしょうか??減少してしまうと本来の数値に戻らないという説を聞いた事があり心配です。主治医によると3000前後からなかなか上がらない人がいるとのこと。

今、ten吉さんと同じような症状なので心配になってきています。
『戻らないという説』が気にかかります。
私の場合はそれに加え、放射線開始から2〜3日目より、手の指の間接の痛み・痺れもあるんです、普通じゃないですよね?^^;

> 又、日常の食事で白血球増加に役立つ食材があれば教えてください。

とりあえず白血球の減少には、やはりバナナが一番最初に思いうかび、ほぼ毎日1本半は食べているのですが・・・回復には時間がかかるのでしょうか・・・。トホホ
焼きバナナとかも美味しいですよ。

> 私は8000前後が基準でしたので、半分以下になってしまいました。あと目を閉じた時になんとなく目眩がするように感じます。そんなこともあるんですかね?

視点も一瞬ずれませんか?私はこれがある為に目眩を感じているように思います。

栄養のある物を適度に食べて散歩して疲れたら横になりましょう。
あまり酷くなるようなら放射線は中止しなければいけないと、私は主治医に言われています。

お互いに頑張りましょう!


[13941] Re:[13939]ten吉さんへ 投稿者:シュガー 投稿日:2006/03/14(Tue) 00:33   <URL>

ten吉さん、こんばんわ。
白血球の数値は、8000の半分以下になったとあるので今はたぶん3000台でしょうか?私も一時放射線をした時期がありましたが、そのときは白血球を調べませんでした。抗がん剤を打つ前は必ず血液検査がありましたが。放射線で白血球が減るかどうかは解りません。ごめんなさい。でも、私が抗がん剤による白血球減少をしたときは、はじめの頃はずっと2000台でした。それでも、毎月キャンプに行ってたし、特別何も感じませんでした。主治医にも、「風邪だけはひかないでね。」とは再三言われましたが、ほかには何をしてもいいと言われてました。めまいも感じませんでした。
白血球の平均的な数値は4000〜8000ですので、3000台ならあまり気にすることはないと思います。ただ、本当に風邪だけは注意してください。外出から戻ったら、必ずうがい・手洗いをすること。これだけでも何もしないのと比べると、ぜんぜん違いますから。
ちなみに私は、術後6年目に入り、今も再発治療のため毎週ハーセプチンとタキソールを打っていますが、白血球は大体4000台です。白血球が増える食品で代表的なのは、バナナです。毎朝1本食べるくらいがいいらしいです。これは6年前にこのHANAさんの掲示板で教わったことです。真否のほどはわかりませんが、私も実行してます。^^(厳密には毎朝ではないけど・笑)


[13940] 術前化学療法 投稿者:サバンナ 投稿日:2006/03/14(Tue) 00:17  

一週間前の検診でしこりが見つかり(というかその数週間前に気付いていましたが怖くて検診まで待ってしまいました)その後訪れた病院で触診、マモグラフィー、エコー、細胞診の結果癌と宣告されました。大きさは2センチくらいでリンパ節転移は触診では無さそうとのこと。今後どのように治療するか決めなければならないのですが、先生は術前化学療法を薦めます。入院無しの外来で点滴を受け半年後に小さくなった腫瘍を取るので(これも恐らく日帰りでできます)傷跡は少なくて済みそうですが、抗がん剤の副作用が怖いです。先生は仕事をしながら治療されている方が大勢いるとおっしゃいますが、吐き気に弱い(つわりがひどかった)私に耐えられるかしらとか、脱毛した場合かつらをつけても人前に出られるかしら(人前に立つ仕事です)とか不安がつのります。この大きさの腫瘍なら現在ではすぐ摘出する方が多いそうですが、すぐ手術なら仕事を休まなければならないし、温存療法でも大きな傷は残るだろうし...悩んでいます。同様の体験をした方のお話を聞きたいです。化学療法、手術、どちらを選んだ方も選んだ経緯と理由をお聞かせください。



[13939] 放射線後の白血球 投稿者:ten吉 投稿日:2006/03/13(Mon) 23:40  

はじめまして、放射線治療終了を目前にした者です。毎週の採血結果で−1000程度の白血球の減少があります。過去に放射線を術後に受けた方で、白血球の減少があった方はいらっしゃいますか?又照射後に数値はどれくらいで戻ったのでしょうか??減少してしまうと本来の数値に戻らないという説を聞いた事があり心配です。主治医によると3000前後からなかなか上がらない人がいるとのこと。
又、日常の食事で白血球増加に役立つ食材があれば教えてください。
私は8000前後が基準でしたので、半分以下になってしまいました。あと目を閉じた時になんとなく目眩がするように感じます。そんなこともあるんですかね?


[13938] 携帯について 投稿者:(17年目)綾希 投稿日:2006/03/13(Mon) 23:13   <URL>

看護士さんや先生方が使っているのはたぶん PHS だと思います。
確かに心臓に機械が入っている人は誤作動を起こすと言う話ですよね、しかも一度誤作動が起きると、手術で入れなおさないといけないと聞きました。
でも、ブログの仲間でご自分が機械を入れているのに、昨年携帯を買った方がいます。
北海道なので、PHSのアンテナが少ないからということも有ったみたいですが、今の所不具合は起きていないそうですよ。

カモミールさんも書いていますが、最近では場所を決めて許可されているところも出てきていますね。
どこでもというのもいけませんが、マナーを守っての使用ならいいとは思います。
特に、入院中は本当に携帯のありがたみがしみじみわかりました。
案外、先生も看護士さんも口では注意しますが、見て見ぬふりをしてくれました。
研修医の先生なんか「携帯鳴ってるよ、出なくていいの?」なんて言ってくれました(笑)もちろんバイブでしたが、案外バイブの音も気になるんですよね。



[13937] Re:[13935] 携帯電話 投稿者:ミー子57 投稿日:2006/03/13(Mon) 21:21  

情報ありがとうございます。
70代くらいの男性から見ると、マナーを守らないけしからんやつだ!と思うのも道理ですけれどね。
”人を殺すきか、ずうずうしいやつだ”とはちょっとショックでした。
電車内の通話や、運転中は本当にいけないことですね。
医師や看護師さんが首に下げているのは、特殊なものらしいですが。
許可されているところが多くなっている今は、自分の手元のメールは良いかと思いますが、
通院先、外の薬局も携帯電源切ってくださいと張ってあります。
入院中の高年の方のナースステーション前の公衆電話は、病棟中に内容が響き渡っていましたね。
県外に住んでいる母や友達に公衆電話での会話は、相当カード代がかかりましたよ。
携帯ダメだとこちらからかけるしか情報は伝わりませんね。病院にかかってきても迷惑かと思いますしね。


[13936] カモミールさん、蓮さん、お返事ありがとうございます 投稿者:Linda 投稿日:2006/03/13(Mon) 20:39  

早速のお返事ありがとうございます。やはり20万強くらいはかかってしまうのですねー。手術の心構えは出来ているつもりなので、これで費用についても心構えが出来ました。なんとかしのぎたいと思います。
 今日、自分で入っている生命保険と、母が入っててくれた簡易保険から、手術やら入院で支払われるであろう保険金の受け取りのための病院で記入してもらうための診断書の用紙を届けて頂きました。簡保の方はたいした額は出そうもないけど、生命保険の方は割と出そうで、今から皮算用したりなんかしてます。手術前に受け取れたらどんなにいいか・・・。保険金出たら旅行にでも行っちゃおうか・・などとも思うけど、手術が済んでも治療はまだまだ続くんですよね。その為に貯えておかなくてはならないのですよね。
 明後日、術前検査で3DCTやら血液検査やら心電図等々があります。温存なのか全摘なのかもまだわかりません。主治医は乳頭が残せるかどうかにこだわって下さっているようなのですが、半年続けた抗がん剤で小さくなって、柔らかくはなったものの、まだ4cmほどもあるようです。このくらいの大きさでも温存ってできるものなんでしょうか???
費用のこと教えて頂いて一安心・・・なのですが、次から次へと不安は湧いてきてしまいます。



[13935] 携帯電話 投稿者:カモミール 投稿日:2006/03/13(Mon) 19:38  

ミー子さん、こんばんは!
携帯電話、わたしの入院していた病院では、病棟でも
食堂では使えるようになっていました。
着信するたびに食堂へ走ってました(笑)

聞くところによると、携帯電話が医療器具に悪影響を
及ぼすという話も、どうやら心配ないことが最近分かった
らしく、病院によっては、場所を決めて解禁しているところも
あるようです。


[13934] 返答ありがとうございます 投稿者: 投稿日:2006/03/13(Mon) 15:35  

〇うさぎさん〇
返答有難う御座います!
やっぱり、癌なので死ぬ確率もないというわけではないのですね(^^;)
母は最近になって私や兄弟に対して、料理や色々教えてくるようになりました。
一応入院という覚悟は出来ているみたいです・・
この前なんて「入院のための整理しよ」とか言って部屋掃除してましたし・・
まだ結果がわからないのになんだかもう入院する気分みたいです。。。

昔に比べれば医療とか良くなってきているんでしょうけど、
入院ってどれくらい日がかかるんですかね・・
癌や人によってそれぞれだとは思いますが。。


それでは。



[13933] 情報は松明(た) 投稿者:冬子 (海外) 投稿日:2006/03/13(Mon) 02:25  


みかんいろさん、
日経新聞に載ったのですね。
グループの存在は知っていましたが。掲載は知りませんでした。
もうひとつ、「ネスト」と言うグループがあり、ここから枝分かれをしたと聞いています。 

私も、ネストの会の方から、色々な情報を頂きました。
「乳がんハンドブック」も、ここから得た情報です。

いざ乳がんという病気になってみると、なにから手をつけていいのかわかりません。治療のこと、手術のこと、費用のこと、、、
自分の身に起きている体のこととは、別に、色々なことに対峙しなくてはなりません。 

「情報」は、松明(たいまつ)になります。

このサイトに感謝をしています。






[13932] 費用 投稿者:ミー子57 投稿日:2006/03/13(Mon) 00:00  

私の勤務先の方は、クラス3で、癌の疑いありだったので、
3泊4日(日帰りも可能)で、核腫瘍摘出手術を受けました。
検査の結果は、癌ではなかったので、定期健診になります。
費用は11万くらいかかったようです。
がん保険に入っていたのですが、これは適応はされませんね。

肺がんのクラスメイトは、費用で不安になり、治療はしない!どうなってもいい!なんて迷っていましたが、
迷うどころではありませんね。
たぶん身内から借りることにしたのでしょう。
術前抗がん剤も、さほど副作用もなく、ウィークリーの抗がん剤2回目ももうすぐです。
髪は抜けるかどうかはわかりませんが、さっぱりとベリーショートにしたようです。
抜け始めると、今は3〜4センチのびて自毛の私の、眠っているかつらを、持参すると約束しています。

そうそう、そのクラスメイトとは携帯メール交換ですが、そこは病室(6人部屋)でも充電自由で、どこでも携帯が使用できる様なのです。
私の通院先はどこの場所も携帯は×です。
病室でこっそり使っている人はいましたが、見ぬふりのときも注意されるときもありました。(まあ、年配の方が多くて携帯が使えない人が多かったようですが)
必要に駆られ、入院中にやっと説明本で覚えた通話も、1階外でかけていました。
最近お得意メールの私も、待合室の人気の少ない隅でついメールを打っていたら、高年の方に厳しく注意されました。
携帯が主流となった今は、どうなのでしょうね。



[13931] Re:[13929] 費用の不安 投稿者: 投稿日:2006/03/12(Sun) 22:23  

こんばんは。
本当にがんの治療ってお金がかかりますよね。
私は今、術後の化学療法中ですが、私も抗がん剤の値段の高さにびっくりしています。
がん保険に入ってればよかったと何度思ったことか・・(^^;)
さて入院、手術の費用ですが、私は左胸全摘で9日間の入院で約21万円でした。(大部屋で食事代込みです)
高額医療費還付で一部は戻ってはきますけどイタイですよね。
もう少し抗がん剤など薬が安くなって欲しいものです。

10日後の手術 頑張ってきてくださいね!!



[13930] Re:[13929] 費用の不安 投稿者:カモミール 投稿日:2006/03/12(Sun) 20:36  

こんばんは!ちょうど手元に領収書があったので
書いてみますね。(端数は四捨五入してます)
わたしの場合、6日間の入院。
入院費・手術費等、医療にかかったのが約19万。
食事負担が4000円。差額ベッドが約4万。合計、23万強です。
わたしの場合は、法定の高額医療費還付プラス健保独自の
還付で、医療分のほとんどが戻ってくる予定です。
つまり、痛いのは差額ベッド代です^^;
大部屋とほぼ変わらない設備しかないのに1日6000円って
どういうことじゃ〜〜〜。
無料テレビも冷蔵庫もいらないから、半額にして〜って
思いました(笑)


[13929] 費用の不安 投稿者:Linda 投稿日:2006/03/12(Sun) 19:59  

 10日後に手術が決まっているLindaです。手術については、すでに腹をくくった・・というか、特に不安も感じていないのですが、ここにきて急に手術・入院の費用について不安になってしまっています。
 今まで、病気という病気もせずに過ごしていたので、昨年乳がんの告知を受け、半年間抗がん剤の治療を受けてきて、なんと医療費のかかることかと途方に暮れてしまいそうになりました。こんなことなら貯金しとけば良かったーと反省しきりです。すっかり「医療費貧乏」になってしまいました。
 手術の方法や入院の期間によって多少違いがあるだろうことはわかっているつもりなのですが、平均的・・というか、1週間以内の入院・手術で、どの程度費用がかかるものなのか、どなたか教えて頂けないでしょうか?? よろしくお願いします。


[13928] 椛*かずらさんへ 投稿者:うさぎ 投稿日:2006/03/12(Sun) 11:18  

我が家にも、高校生の娘がいますし、私が高校生のとき母が乳がんで入院していますのでお気持ちはよくわかります。

乳がんで死ぬこともあるのでしょうかということですが、ここでは、乳がんを患った方ばかりで、絶対直るぞ!!と思っていらっしゃると思うんです(私も含めて)

最近しこりがみつかったばかりでも、初期だとは限らないと思います。
ただ、今、医療は進んでいます。技術や薬など、どんどんよくなってきていますので、あまり心配しないで!!
あまり長生きできないかもといわれた母も、今はとても元気です。
今出来ること、勉強とかがんばって。もし入院ということになったら、母親は子供のことが一番心配ですから、自分の身の回りのことなど出来ることは出来るだけ自分で出来るようにすると、お母さんも、安心するのではないかと思います。




[13927] Re:[13925] 乳がんのバイブル 投稿者:みかんいろ 投稿日:2006/03/12(Sun) 11:00  

冬子さん
ぜひ読んでみたいと思います。

 すでにご承知かもしれませんが、3/10(金)の日本経済新聞の社会面P.42に下記の記事(ワシントン支局より)をみつけました。以下抜粋します。

 乳がんを経験した米在住の日本人女性たちが、夫の駐在や米国人との結婚などで長期滞在する人の相談にのり、早期発見のための定期受診を呼び掛ける非営利組織(NPO)を設立した。「乳がん先進国」である米国の検査・治療技術や心のケアなどに関する最新情報を日本に発信することも計画している。
 設立したのはニュージャージー州在住の山本真基子さん(47)ら。山本さんは九年前に乳がん手術を受け、二年前に再発。現在はホルモン療法を続けている。病院の患者団体の理事を務めた経験も生かし、言葉の壁や医療制度の違いなどから受診をためらったり不安を抱えたりしている人を支援したいと考えた。
 名称は「ヤングジャパニーズ・ブレストキャンサー(乳がん)・ネットワーク」。20−40代の女性を主な対称にしている。(中略)
 ニューヨークで定期的に会合を開くほか、ホームページで英語の医療用語の解説や医療機関の情報などを紹介。電子メールで相談を受け付け、相談者の年齢や生活環境、症状などの条件に近いボランティアが対応する。日本人の専門家を招いての講演会も企画中だ。(以下略)

 以上ご参考まで。
-広告表示欄-
- ご利用上の注意 -