乳がんホームページ - Don't worry, be happy ! -
HOME乳がんナビ乳がん体験記リンク掲示板休憩室ヘルプ
HOME 乳がん掲示板乳がん掲示板過去ログ一覧

乳がん掲示板 過去ログ
こちらは「乳がん掲示板」の過去ログ(古い書き込みの保存版)です
( 2006.04.14 〜 2006.04.21
長年の蓄積ですので、中には情報が古くなっているものもあります。参考にされる際はご注意ください。
過去ログ内の書き込みに対して、投稿者に直接メールすることは、ご迷惑になりますので、ご遠慮ください。
ご質問は新たに「乳がん掲示板」へ投げかけてください。


-広告表示欄-
[14143] Re:[14134] ありがとうございました 投稿者:HANA@管理人 投稿日:2006/04/21(Fri) 15:55  

> 早速の回答ありがとうございます
> 記録していたパスワードで入力してもパスワード違いという
> 表示が出てしまいます こんな場合はどうすればいいのか
> 教えてください

お返事が遅くなってすみません。
先にも書きましたように、管理人の方ではみなさんのパスワードは知ることはできません。とりあえず私の方でFF@さんのカキコミからメールアドレス部分を削除しておきました。


[14142] エリザベス女王 お誕生日おめでとう 投稿者:バルサミコ 投稿日:2006/04/21(Fri) 02:16  

maimaiさま
レスいただいてすごく嬉しいです。
maimaiさんのおっしゃるとおり、マンモは50歳以上で一般的ではなく、検診はエコーがせいぜいですね。なんともこころもとない。

日本人の診療所でGPを薦められたのは、その診療所でも専門医を紹介できるが、GPだったら無料だから、という医師の配慮です。
うちはロンドンまで電車で1時間と近くはないので、タモキシフェンの処方は近くのGPに頼みたかったし、いずれにしてもGP登録はしようと思っていたので。

帰国はあまり頻繁にできないです。2年に1度がせいぜいなので、やはりこちらで検診を受けたいです。
日本人の診療所で専門医を紹介してもらうことにします。

ずぼらなイギリス人、笑っちゃいました。親切な人もたくさんいますが、スーパーのレジ(till)のおばちゃんとGPはなぜあんなに愛想が悪いのでしょう?


[14141] Re:[14138] [14123] 言うべきか言わざるべきか 投稿者:mimi 投稿日:2006/04/20(Thu) 19:15  

紫さん、コメントありがとうございます。
お母様自身がご病気をお持ちだと、尚更心配かけたくないという気持ち分かります。

ウチの母は、思い悩む方ではないのですが
そうは言っても我が子が重病なんて心配するに決まってるし
一人暮らしで心細いのに・・・と思うと、なかなか言えません。
最初の病気発覚で勝手に初期ね〜なんて思ってるようだったし、
今回の再発を告げても、どこまでそれが重大なことなのか
認識があるか疑問はあるので話しても大丈夫かな?とも思うのですが。
逆に仕事なんて始めて無理するからよ!と怒られそうです。
乳癌になっても、母よりは長生きしようという思いでいましたが
再発となると自信がなくなってしまって
母に言わないで、後で水臭いとか
何もしてあげれなかったなんて、後悔させるのも嫌だしと
どうしたらいいものか・・・と結論は中々でません。

主人なんて、私は心配させたくなくて
再発後の手術については、ギリギリまで話さないでいました。
そして、手術の日程も決まり、いよいよ話さなくてはいけなくなって告白した次の日
かるーく明るく「今日飲み会だから〜♪」と家を後にしました。
・・・後で、そのことをとがめたら
事の重大性を認識してなかったと謝りましたが
本当主人は、私の病気について心配はしてないことはないとは思うのですが
無知・無関心です。
それはそれで、あまり心配されるよりはいいんだけど
なんか、他人事のように私のこと考えてない?
と思うと、とても悲しかったです。
それ以来、ぜーんぶ家事は彼にさせているのでいいんですけど (^.^;


[14140] Re:[14128] バルサミコさま 投稿者:maimai 投稿日:2006/04/20(Thu) 16:25  

バルサミコさん、横から失礼します。
やはり一昨年手術し、現在ホルモン治療中のmaimaiです。

5年ほど前にイギリスに住んでいました。ただし、その時は
乳がん罹患前で、しかも私自身はほとんど病院と縁がない
生活をしていたので、あくまでその時に見聞きした情報の
範囲ですが、参考になればと思い書いています。

バルサミコさんはロンドン周辺にお住まいですか?
日本語の通じる診療所というのは、日本人医師の診療所でしょうか。ロンドン医療センターというのをご存知ですか。
夫はよくお世話になっていたのですが、ここの診療(日本人
医師)は基本的にプライベートですが、GPとしての資格を
持っているので、手に負えないような場合は専門医
(英国人?)を紹介してくれ、場合によっては日本人
看護師が診察に付き添ってくれます。

確かイギリスはマンモグラフィーは50歳以上で、かつ
3年に1回のはず。イギリスに限らずヨーロッパ全土で、
乳がん検診はマンモグラフィーではなく、触診やよくて
超音波が中心だと思いました。しかしこれは検診であって、
私たちが受けている術後検査とは意味が違うと思うので、
マンモグラフィーをやってもらえそうな気もします。
上記医療センターに、一度相談されたらいかがでしょうか。

詳しくは http://www.iryo.com/index.html

本当は年1回程度、帰国ができるのであれば、
アメリカの病院から紹介状をもらって、日本の病院で
検査を受けるのが一番かと思いますが、これも大変
ですよね。

慣れない土地で、ずぼらなイギリス人(笑)に腹の立つ
こともあるかと思いますが、信頼できる医師が見つかると
よいですね。




[14139] スポーツ 投稿者:Linda 投稿日:2006/04/20(Thu) 11:07  

 やなこさん、aka-yumiさん、ゆぅさん達がスポーツの話をさるていたので私も・・・・。
 私は先月末に温存の手術を終えて退院して、今は来月からの放射線治療までの執行猶予中といったところです。
 昨年夏に乳がんと診断されて、8月末から術前抗がん剤の治療を受けたのですが、その時まず考えたのが、「大好きなバスケえとができなくなる・・・」ってことでした。抗がん剤の副作用で髪が抜けてしまったり、気持ち悪くてバスケやれなくなるんだって思うと不安で不安でたまりませんでした。主治医にそれとなく運動について相談したら「あまり激しい運動は感心しませんね」と言われたりしてー。それでもバスケが出来ない事が不安で、このサイトに『大好きなバスケが出来なくなるのがとっても不安で・・』と言った書き込みをしたら、何人かお返事を頂いて、「Lindaさん、バスケやれば」というお返事でした。すっごく嬉しくて、抗がん剤治療中もずっと週3〜4日バスケに行ってました。もちろん主治医にはそれは言えませんでしたけど・・・。人とぶつかることもあるバスケは、激しいスポーツなのでカツラでの練習は不安もありましたけど、友達に『ズレチェック』をお願いしつつ、カツラ屋さんでの何度かのサイズ調整でズレることもなくバスケを楽しみました。ちょっと休んだ時期もあるのですが、そういう時は副作用も強めに出る感じで、気持ちが元気であることが大切なんだなってつくづく思いました。もちろん無理してまでやることは決して良くないけれど、「自分の好きなことが出来ない」と、落ち込んだり不安になったりするよりは、「出来る範囲でやる」って事は、自分の心、気持ちにとっても大切な栄養、力になるんだと思いました。
 術後の現在は、まだ走ったりすると傷口が痛かったりしたので、少し痛みがおさまってウォーキングから始めて、昨日辺りからは軽くジョギングしたりしてます。そろそろバスケもシュート練習でもしてみようかと思っています。私は幸い利き手ではない側の手術だったのですが、もちろん両手使いますので、リハビリのつもりでやりたいと思っています。
 退院の時に、看護師さんから退院後の生活について説明を受けた時、「退院後のスポーツについては主治医に相談して、主治医の指示に従ってください」とのことで、運動によってホルモンのバランスが変わるーという考え方から、先生によってはホルモンに大きく影響されている乳がんの場合、運動を控えた方がいいという考えの先生もいらっしゃるから・・・ということでした。ですから、そういう考えの先生は運動を制限されるでしょうし、そういう考え方でない先生は特に運動について制限されないのではないかと思います。
 どんな病気でも、心が元気でなければ病気と闘えませんよね。心が元気でいるためにも、好きなことを続けるって素敵なことだと思います。もちろん腕を使いすぎたりしてはいけないってことは承知の上で、自分なりの楽しみ方、自分なりのスポーツとの関わり方をしていけばいいのだと、私は思います。
 先のこととか考えると、そりゃ不安だらけだったりするけれど、もちろん先のこと、自分の将来のことは大切だけれど、今出来ること、とにかく『今』を楽しく生きなくては、『先』はないのだと思います。
 自分の楽しみ、楽しめる場所を持っていたことに感謝しています。


 


[14138] Re:[14123] 言うべきか言わざるべきか 投稿者:紫。 投稿日:2006/04/20(Thu) 01:19  

mimiさん、こんばんは。

私の母は75歳、脳梗塞で少し身体が不自由です。
離れて暮らしているので、私の乳癌の事は言っていません。
私は昨年、温存手術をし、現在ゾラとノルバの治療中です。

何も知らない母は、昨日、電話で絵門ゆうこさんの話を私にしながら、
私(母、自分の事)みたいに身体が不自由になったら何も楽しめないから、
紫。も元気なうちに一杯出来る事楽しんでおかなきゃねって、
電話口で泣かれてしまいました。

一瞬、お母さん私、実はね・・・・言いそうになりましたが、
かろうじて、明るく電話を切りました。

母は思い悩むと心配で眠れなくなる、夢にまで見る、
そんなタイプの人なので、毎日顔を見せられないから、
余計に心配かけられません。

mimiさんも一人暮らしのお母さんの事、心配でしょうけれど、
再発の治療、無事、乗り切って、元気なお顔をお母様に見せられますように・・・・。
さぁ、これから!!ファイトです。






[14137] Re:[14126] 術後2年 投稿者:ユリ 投稿日:2006/04/19(Wed) 22:22  

ゆぅさん
お久しぶりでね。ユリです。お元気にご活躍の様ですね。英会話講師もなさっているのね。すごい・・・教えていただきたいわ。
私も術後2年2ヶ月になりました。私はまだハーセプチンの治験をやっていますので、3週間置きに点滴を受けています。
今年の10月の半ばに終わります。
私はまだウイッグをつけていますよ。あまりにも慣れてしまったのでとれません。5才位若く見えるからです。ふふふ・・
でもまだ手先・足先はしびれはあります。まだわきの下などは違和感はありますが、生活に支障はなく毎日元気に出かけています。またテニスの感想など聞かせてくださいね。



[14136] Re:[14129] [14126] 術後2年 投稿者:ゆぅ。 投稿日:2006/04/19(Wed) 21:41  

やなこさん、aka-yumiさん、早速、返信頂けるなんて、ありがとうございます。本当に嬉しいです。
お二人は、元気にスポーツされているのですね。
心強いです。
今は、検診だけしか、病院に行くことはないので、なかなか医師と相談する機会もありませんが、気をつけながら始めてみようかな・・・と思います。
病院の相談室に聞いてみます。
ちょっとラケット振ってみたら、リハビリになって心地よいです。今まで、右腕をかばいすぎていたのかもしれません。
テニス〜楽しみです。

実は、エアロビクスは抗がん剤終了後から、やっているんです。これは、特に腕をつかうことはないのでOKです。
でも、私、しばらくウイッグつけたままやってたんですよ。
汗びっしょりで。(笑)
いつも、「私ってすっごい。」って思えて楽しかったです。
術後って、ちょっとしたことが、すごく嬉しい〜。
これは、特権でしょうか?


[14135] @FFさんへ 投稿者:おせっかい 投稿日:2006/04/19(Wed) 20:40  

> 早速の回答ありがとうございます
> 記録していたパスワードで入力してもパスワード違いという
> 表示が出てしまいます こんな場合はどうすればいいのか
> 教えてください

もしかして数字入力の時半角と全角を間違っていませんか?


[14134] ありがとうございました 投稿者:@FF 投稿日:2006/04/19(Wed) 16:36  

早速の回答ありがとうございます
記録していたパスワードで入力してもパスワード違いという
表示が出てしまいます こんな場合はどうすればいいのか
教えてください





[14133] Re:[14132] 削除の仕方を教えてください 投稿者:HANA@管理人 投稿日:2006/04/19(Wed) 15:57  

> 最近迷惑メールがふえてきたのでので掲示板からすべて削除
> したいのですが
> 削除の方法を教えてください 宜しくお願いします

この画面の一番下に修正・削除の入力欄がありますので、そこから行ってください。投稿したときにご自分で設定したパスワードが必要です。(パスワードは管理人にもわかりません。)もし、パスワードを設定していなかった場合はご自分では削除できませんので管理人にご連絡ください。(削除したいものがいくつかある場合は、何番と何番を削除と番号をご指定くださると助かります。)

尚、Eメールアドレスの入力は省略することもできますので、メールアドレスを知られたくない方は、メールアドレスなしで投稿されるのが良いと思います。パスワードが設定してあれば、修正画面からメールアドレスだけを削除することもできます。
ご参考まで


[14132] 削除の仕方を教えてください 投稿者:@FF 投稿日:2006/04/19(Wed) 13:11  

最近迷惑メールがふえてきたのでので掲示板からすべて削除
したいのですが
削除の方法を教えてください 宜しくお願いします


[14131] ありがとうございました 投稿者:@FF 投稿日:2006/04/19(Wed) 12:38  

返信有難うございました。皆さんの体験談を読ませて頂いて
参考にしたいと思います。
ホルモン治療を受けながら様子をみていきたいと思います。
有難うございました。


[14130] Re:[14126] 術後2年 投稿者:aka-yumi 投稿日:2006/04/18(Tue) 22:04  

はじめまして。
私は3月3日に左胸の手術、(温存療法)をしました。
現在、抗がん剤・放射線治療中。
乳がんが分かった時は10年以上テニスを週に二回やっていてこれでしばらくは無理かなぁなんて思っていました。
退院の時主治医にこそっと聞いたら、やりなさいと言われ3月中に1回テニススクールに行っちゃいました。
なんと手術の月・・・!?
気分転換になったしいっぱい笑えて本当に楽しかったです。
今は放射線の治療の通院でまたお休みしていますが、終了したら行こうと思っています。
主治医は診察のたび「テニスやってんの?」と聞いてきます。
私はまだまだこれからの治療が大変ですが、気分転換に続けられたらなぁと思います。
テニス仲間やコーチには乳がんの事は伝えてあり皆温かく迎えてくれました。
主治医に相談のうえ無理をしない程度に楽しんでみてはいかがでしょうか?


[14129] Re:[14126] 術後2年 投稿者:やなこ 投稿日:2006/04/18(Tue) 20:44  

ゆぅ。さん、はじめまして
私は、昨年6月に左胸温存手術後、放射線治療そして今はホルモン療法(ゾラディックス)をしています。リンパ郭清もしていてはレベルTでした。
術後のスポーツ悩みますよね・・・
特に腕を使うスポーツならなおさらだと思います。
私はテニスではないけれど、術後半年位からバレーボールを再開しています。
ちなみに患側が利き腕です。
主治医はあまりよい顔をしませんが、「あざは作るな!!」といわれながらも週一回のペースでバレーやってます。
リンパ郭清しているので、多かれ少なかれリスクはあるとは思います。あざ作ったら治りにくとか感染症になってしまうかもとか、腕が重だるくなったりとか・・・
もちろん、無理はしない、患側の腕はきっちりガードしていますよ。
身体的にリスクはあっても、私の場合はバレーボールをすることで仲間と楽しい時間を過ごせることが、一番の心のケアになりました。
同じチームで乳癌、しかも私と状態が似ている人がいることも私が、バレーボールを再開することの心のバックアップになりました。
テニスとバレーボールでは、違う競技だけれど、スポーツをするもの同士、ゆぅ。さんがまたテニスできるようになるといいなと思います。
主治医の先生とよく相談して、この掲示板での【テニス仲間】からアドバイスあるとよいですね。
アドバイスにはならないかな・・と思いながらも返信させて頂きました


[14128] まきぱちさま 投稿者:バルサミコ 投稿日:2006/04/18(Tue) 19:30  

まきぱちさんは、どちらの国にいらしたのですか?
私はイギリスに引っ越してきましたが、どこで検診を受けたらよいのか迷っています。
私は、一昨年左胸全摘、リンパ隔清(転移なし)、昨年右胸しこり摘出。化学療法終了後、ホルモン(タモキシフェン)毎日飲んでいます。
日本語の通じる診療所ではNHS(国営医療)のGPに行って専門医を紹介してもらったら、とすすめられたのでGPに行ったのですが、GPでは「何か問題が起こったら専門医を紹介する」といわれ、「それでは手遅れではないか」といったところ「イギリスは違うんだ」と言われて終わってしまいました。(蝕診もしなかった)
また、40歳台はマンモグラフィーはしない、エコーだけだそうです。
どうも納得がいかないのです。私は今まで通り3ヶ月に1度検診(触診)を受け、1年に1度マンモグラフィーを受けたいのですが。
うちは引越しが多く、今までの治療はアメリカでした。今後ヨーロッパ内での引越しがありそうなので、差し支えない程度に、まきぱちさんのいらした所と病院を教えてくださるとうれしいのですが。



[14127] 教えてください。 投稿者:びび 投稿日:2006/04/18(Tue) 13:21  

はじめましてです。これからマンモトーム検査をしようとしているものです。
数年にわたりマンモグラフィ、エコーと定期的に検査してきているのですが、石灰化があったので・・・。去年MRIもやっています。特になにもなく経過観察。今回半年たってマンモグラフィは変化ないけど、マンモトームやっておこうということになりました。一番最初は、石灰化???なにそれ!!という段階からみずから検査をすすんでやってきたんです。

検査は先のため、せっかちな私はいったとこともない遠い医者にセカンドを求め、診断を仰ぎに伺ったりし(なさけない)
参考意見を伺おうとしただけだったからか、簡単にチラトしかレントゲンもごらんにならず、「あーカテゴリー4だね、コノケースはちょっとまずいね」と、経過を見てないからなんともいえないけどね!と。せっかちで行った医者で余計に不安を頂くはめに・・・。もしおなじような経験されているかたいたらお教えください。石灰化は診断は医者にもとてもむづかしくカテゴリーだけがすべてではない事を良くきくのですが、やはり不安で。マンモトームをやり、ちがう症例で良性だったかたもいらっしゃいますか?


[14126] 術後2年 投稿者:ゆぅ。 投稿日:2006/04/18(Tue) 12:45  

温存手術、リンパ郭清後、2年になります。
放射線、抗がん剤治療を終えて、今では、普通の生活を送っています。
でも、まだ、リンパ郭清した右腕には、気を使ってしまいます。最近、テニスのお誘いが多いのですが、テニスやってみても大丈夫でしょうか?
誰にも言わないけど、術後にテニスなんてできたら、私ってすごい!って、褒めたくなっちゃいます。
どなたか、ご意見頂けると助かります。

術後から、この掲示板には、大変お世話になりました。
泣き笑いの日々でしたが、今では、英会話講師も始めて元気にしています。


[14125] 放射線治療について 投稿者:♪アデージョ♪ 投稿日:2006/04/18(Tue) 09:47  

ポンポコさん、放射線治療について読ませて頂きました。私もこれから放射線治療に入るにあたって差し支えなければ色々教えて頂きたいんですけどポンポコさんは乳房は全摘手術だったんですか?それとお勤めなんかはしてるんですか?私はフルタイムで働いてますんで放射線治療受けながら仕事と両立出来ますか不安です。働かないとガン治療って肉体的、精神的又、医療費がすごくかかるんですよね 初回に治療を受けた時に気分とか悪くなりませんでした?それから治療に関する費用とか時間とか事前に説明がありましたか?なんか長々と質問攻めでごめんなさいねちなみに私は今、45歳で2人の娘がいます。又、色々と情報よろしくお願いします。


[14124] 放射線治療について 投稿者:ぽんぽこ 投稿日:2006/04/18(Tue) 01:56  

手術を3月末に終え、4月12日から放射線治療を開始したものです。1回目のときに皮膚に線を書かれたのですが、昨日二回目に行ったとき、『薄くなっているから書き直すね』といわれ、そのときはあまり気にしてなかったのですが、家に帰ってお風呂に入ると前書いた線とぜんぜん違うところに新しく腺が惹かれていました。
ちょっと神経質すぎるのかもしれませんが、皆さんこんなことってあるものなのでしょうか?
最初の一回はかける場所を間違えたとか言うことはないのかしんぱいです。 


[14123] 言うべきか言わざるべきか 投稿者:mimi 投稿日:2006/04/17(Mon) 21:14  

70歳の母に再発の話しをしてませんが
一人暮らしだし、心配させたくなくて言ってませんが
後で水臭いと思われても何だし・・・言うべきか言わざるべきか
悩んでいます。
もし、私が母の立場だったら
何で言わなかったの!と娘に怒ると思うのですが・・・
変に心配して体調を崩さないか・・・それが心配です。
みなさんは、どうしてますか?


[14122] Re:[14121] 治療ってこんなに悠長なのですか? 投稿者:ベル 投稿日:2006/04/17(Mon) 03:32  

ネヴァギヴアップさんこんばんは。
産科での検診は見落としが多いでみたいですね。私も産科で異常なしといわれたその翌年に、たまたま会社が初めた婦人科検診で乳がんが発見されました。会社の検診では乳腺外科の先生が診て下さったのであっさりガンが発見された次第です。
それまで乳がんは外科って私も知らなかったです。
奥様のご健康状態、心配ですよね。もう手遅れってそんな失礼なこと言う病院、許せませんね。
でも手術してからやはりそのガンがどんな種類のものなのかをはっきりさせないと使えるお薬も変わってきますのでここは病理結果をきちんと待ちましょう。私の場合も結果が出るまで3週間、放射線治療が始まるまで6週間待たされました。抗がん剤が効いてすっかりガンが消失した人もいますので希望を持って下さい!!


[14121] 治療ってこんなに悠長なのですか? 投稿者:ネヴァギヴアップ 投稿日:2006/04/17(Mon) 01:45  

妻のことです。出産した産科でさんざんそれは乳腺症だと言われ続け、数ヶ月すぎてガンかも?と言われ乳腺外科を紹介され検査(細胞診)したら1週間後に乳がんとわかりました。さらに組織診断後2週間以上待たされて手術したらすでに手遅れ(転移のあるリンパが取りきれない)と言われました。しかし、まだ細胞の精密検査がでていない(2週間後)と言うことで化学療法も始まりません。最初の産科のことで後悔しています。そのため、今の乳腺外科を信じていいのかどうか慎重になっています。細胞診や細胞の免疫染色ってそんなに日数がかかるものなのでしょうか?他の病院はどうですか?化学療法もレセプターとか調べないで使えるものからでも一刻も早く使えないんですか?情報お願いします。


[14120] Re:[14119] 乳がん 投稿者:ナビ 投稿日:2006/04/16(Sun) 17:40  

とんとんさん こんにちは。
お母さんのことご心配なのはよく分かりますが、とんとんさんの質問に答えられるのは今お母さんを診ておられる医師だけだと思いますが…

また、骨転移しても何年も元気に生活している人はたくさんいらっしゃるので、そのことも含めてご両親と一緒に先生に説明を受けられたらどうでしょう?






[14119] 乳がん 投稿者:とんとん 投稿日:2006/04/16(Sun) 01:02  

数週間ほど前、私の母が乳がんにかかってしまいました。
私には『初期の癌』と言っていたのですが、父と母の会話をこっそり聞いていると『また検査して骨まで転移してたら手遅れ・・・』などと言っていたんです。
さらに明日から半月ほど入院することになりました。


入院するということは助かる見込みがあるということでしょうか?
もし骨まで転移していたら入院半月じゃ済まなくないですか?半月ということは骨まで転移していなかったと受け止めていいでしょうか?




[14117] すみません 投稿者:カモミール 投稿日:2006/04/15(Sat) 07:48  

まきぱちさんでしたね・・・へんな名前書いてしまってごめんなさい。


[14116] Re:[14115] はじめまして 投稿者:カモミール 投稿日:2006/04/15(Sat) 07:47  

ぱきみちさん、興味深いレポートをありがとうございます。
欧米はさすがに乳がん先進国だけあって
ケア&サポートはかなりしっかりしているようですね。
ちなみにどこのお国か聞いてもいいですか?

日本でも、紙に書いて渡してくれますよ。
わたしが診てもらった先生は二人ともそうでした。
こちらが何も言わなくても、ことこまかに説明してくれたし、
少しでも疑問を発すれば、倍以上にして返してくれました。
日本もだんだん進んできていますよ。

献血できないのはわたしもちょっとショックでした^^;


[14115] はじめまして 投稿者:まきぱち 投稿日:2006/04/14(Fri) 23:34  

はじめまして。みなさまのお話を読むうちに、独り言のように誰かに聞いて欲しくなってメールしてしまいます。
去年の12月、温存手術を受けましたが。細胞レベルのがんが残っているとのことで、今年の1月に再手術。2回目も温存でいけましたが、1.5センチ位のものでしたが、大きさと細胞の広がりは関係ないものなんだ・・・と痛感しました。現在30回の放射線を終えてホルモン治療(ゾラデックス・ノルバデックス)をはじめています。
私の場合、主人の関係でヨーロッパにいました。そもそも、去年の1月に自分で発見し、現地の(日本語ぺらぺらです)病院で検査(マンモ・エコー)で白と言われました。たまたま、5月には一時帰国があり、毎年1日人間ドックに入っていたのでそこでも検診したんです。そこで、要検査になり再検査をしましたが(マンモ・エコー・細胞診・MRI)カテゴリー4からカテゴリー3(グレーではっきり診断つかない)になりました。安心したけれど、先生の6ヵ月後位には再検査してください・・・の言葉に嫌な感じがしていました。ヨーロッパに戻っていましたので、現地で再度検査をすることに。今度は以前と違う病院に行きました。(あちらは完全分業制です。かかりつけの病院から紹介状をもらって検査専門の機関に行きます。そして結果はかかりつけの先生のところで聞きます。)初めはお決まりの、マンモ&エコー。あまり良くないとのことで、今度は針生検する事に。麻酔の後、太い針を刺しバチンと細胞を取ってきます。3回取りましたが・・・最後は本当に痛くて涙が出ました。帰り道、言葉も良く通じなかったし、心細かったのを覚えています。結果に2週間掛かりました。なんだか良くないかもって感じで待っていました。主治医からTELあり、良くないね・・・。と言われすぐに先生の病院へ。主人と行きましたが、意外と冷静な自分がいました。あちらは、結果を一枚の紙にしてもらうことが出来ます。(日本はどうですか?私のイメージだと、書いてと言えば書いてくれる、説明してと言えば説明してくれるって感じですが?)横文字の専門用語なのですべて分からないけれども、説明してもらった内容では、がん細胞があること・ホルモン受容体が陽性か陰性か・HER2の程度・抗体の事などが書かれていました。そして、自分の分身ともいえる切り取った細胞ももらうことが出来ます。(もちろん、あなたのものです・・・と言ってレントゲンも頂きました)ここまでズバット見せられたら、こちらも落ち込めませんね。それが11月末でした。その方曰く、5月には分かったはずよ・・・と言う事らしいです。
いずれにしても、これは帰国して手術だ!ってことで、3日後には子供を連れて日本行きの飛行機の中でした。あちらから、5月にかかったHPへTELを入れておき、すぐに診察してもらえるように手配をしておき、帰国後すぐに診察してもらいました。持ち帰ったものすべてをみせて今後の検査・手術の説明を受け、20日には手術に。そして今にいたってます。
今振り返って心に残ってるのは、「病院だけを信じてはだめ、自分で責任取らなくては。そして、もう片方の乳がん発生率は高い事を良く覚えていてね。でも死なないからね。」っていう、現地の告知した先生の言葉。なんだか、日本では掛けてもらえない言葉かもと思ったし、ほっとさせてくれたように思います。
ヨーロッパは、流産した人にもカウンセリングが付くらしいし、きっとがん患者の心のケアーも厚いのかも知れないな〜と思います。私は術後、主人の本帰国に伴って日本に戻ってきましたが、あちらにいたらその辺りも調査できたのにと思います。皆さんの体験談の中にもありますが、なかなかがん細胞と判断出来ないケースも多いですね。小さいと難しい?私は5月の段階では8〜9ミリの大きさでした。もう少し早い段階でわかればなぁ〜と思わなくもないですよね。
リンパの転移なく、顔つきも優しく、HER2陰性ではありますが、癌さまが体にいる?いや、いた事は間違いないことで、転移・再発の不安や献血できないんだ〜とか、保険は入れないんだ〜とか、他の疾患でかかる時も病院で一応説明しとくのねって感じになるのか〜など色々と思う事もあります。でも、読めば読むほどに、乳がんと言っても十人十色。みんなそれぞれの状況で前向きに生活しているんだな〜とつくづく思いました。そして、ここに書けたことも、私にとっては少し前向きになれたことかもしれません。
今後の研究に期待をして、娘が大きくなる頃にはぜひとも画期的な治療方法・薬・予防薬が出ている事を期待します。


[14114] パージェット病って、、、 投稿者:たんぽぽ 投稿日:2006/04/14(Fri) 19:43  

初めまして、今日初めてガンについてネットで検索して、初めて聞いた名前なんですが、どなたか、この病状を知っておられる方いらっしゃいますか? 昨年右足のつけねが赤い発疹とカユミで三センチくらいの大きさまでただれました。同時に両脇も同様にただれて、場所が場所なので皮膚科を受診したのはずいぶんたってからだったのですが、季節の変わり目だからとステロイド系の軟こうをもらって帰りました。 今もカユミは残り皮膚もきれいになったというよりは黒ずんでます。そして何より心配なのは両脇と足の付け根のリンパが重ーく張る感じがもう何ヶ月もしています 体に異変が起こっているのは自覚してますがなんとなく違和感が、程度で病院に行っていいのか何科に行っていいのか、、、  思い切って病院に行こうと思うのですが、マンモグラフィのある外科に行って乳がん検査を受けるのがいいのでしょうか?皮膚科にいってみるべきですか?


[14113] はじめまして 投稿者:♪アデージョ♪ 投稿日:2006/04/14(Fri) 17:31  

 はじめまして、初めてのカキコです。乳がんの仲間達の掲示板があるのを初めて知りました。私も仲間に加えて下さい。実は私も今年の3月7日に初期乳がんで手術しました。会社の検診で見つかって検査に検査を重ねて初期の乳がんである事を告知されました。さすがに告知された日はどのように家路に着いたのか覚えてません。動揺しない人なんていないと思います。私の場合は幸いにも毎年検診を欠かさずに受けていたので超早期発見で1泊2日で帰れてそれも部分切除でした。リンパも検査の為に切られたんですけどさほど影響はありません。現在ホルモン療法4週に1回の注射と内服薬(1日1回)をやってて今度G・W明け位から放射線治療に入る予定です。いろいろとアドバイスお願いします。
-広告表示欄-
- ご利用上の注意 -